医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

The effect of three months of aerobic training on stroop performance in older adults.

Published date 2012 Dec 11

The effect of three months of aerobic training on stroop performance in older adults.

高齢成人におけるstroop成績に関する3ヵ月の有酸素訓練の効果。

Published date

2012-12-11

Author

David Predovan, Sarah A Fraser, Mélanie Renaud, Louis Bherer

Affiliation

Centre de Recherche, Institut universitaire de gériatrie de Montréal, Montréal, QC, Canada H3W 1W5 ; Département de Psychologie, Université du Québec à Montréal, Montréal, QC, Canada H3C 3P8.

Abstract

Growing evidence supports the use of physical training interventions to improve both physical and cognitive performances in healthy older adults. Few studies have examined the impact of aerobic exercise on Stroop task performance, a measure of executive functions. In the current 3-month aerobic training study, 50 older adults (mean age = 67.96 ± 6.25 years) were randomly assigned to either a three-month physical training group or to a control group (waiting list). Training sessions were 3 times per week for 60 minutes. All participants completed pre- and post-test measures of cognitive performance using the modified Stroop task and physical performance (Rockport one-mile test). Compared to controls, the training group showed significant improvements in physical capacity (P < 0.001) and enhanced Stroop performance, but only in the inhibition/switching condition (P < 0.03). Furthermore, the increase in aerobic capacity induced by the training regimen correlated negatively with reaction time in the inhibition/switching condition of the Stroop task at posttest (r = -0.538; P = 0.007). Importantly, the reported gains in cognitive performance were observed after only three months of physical training. Taken together, the results suggest that even short-term physical interventions can enhance older adults' executive functions.

 

発達する証拠は、体育介入の使用を健常な高齢成人で身体的および認識成績を改善するために支持する。
ほとんど研究は、有酸素運動のストループ課題成績(一定の実行の機能)への影響を調べなかった。
現在の3ヵ月のエアロビクス訓練検査において、50人の高齢成人(67.96±6.25歳平均年齢=)は、3ヵ月の体育群にも、または、対照群(ウェイティングリスト)に無作為割付けされた。
訓練セッションは、60分の間1週につき3回であった。
すべての参加者は、変更されたストループ課題と行動体力(1マイルが検査するRockport)を使用している認識成績の試験前後の計測を完了した。
対照と比較して、抑制/転換状態(P < 0.03)だけでは以外、訓練グループは身体能力(P < 0.001)の有意の改善を示して、ストループ成績を強化した。
さらにまた、訓練療法によって誘導される有酸素能力の増加は、ポスト試験でストループ課題の抑制/転換条件で、負に作用時間と相関した(r =-0.538;P = 0.007)。
重要なことに、認識成績の既報告の増加は、3ヵ月の体育の後だけ観察された。
まとめると、結果は、短期身体的な介入さえ高齢成人の実行の機能を強化することができることを示唆する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x