医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Association of cardiovascular response to an acute resistance training session with the ACE gene polymorphism in sedentary women: a randomized trial.

座りっきりの女性におけるアンジオテンシン変換酵素遺伝子多型による鋭いレジスタンス・トレーニング・セッションへの心血管反応の連合:無作為試験。

Published date

2013-1-10

Journal

BMC Cardiovasc Disord. 2013; 13; 3;

Author

Jéssica Cardoso de Souza, Ramires Alsamir Tibana, Nuno Manuel de Sousa, Vinícius Carolino de Souza, Margô G Karnikowski, Jonato Prestes, Carmen Silvia Campbell

Affiliation

Abstract

ABSTRACT: BACKGROUND: The aim of the present study was to verify the effects of an acute resistance training (RT) session and insertion/deletion (I/D) polymorphism of the angiotensin-converting enzyme (ACE) on systolic (SBP), diastolic (DBP) and mean blood pressure (MBP), and heart rate (HR). METHODS: The sample consisted of 27 sedentary women (33.3 +/- 8.2 yrs; 69.1 +/- 13.8 kg; 1.57 +/- 0.05 m; 27.6 +/- 5.1 kg/m2) divided into two groups according to their polymorphism I/D (DD = 9; II + ID = 18). Volunteers underwent two experimental sessions: RT -- an acute session performed with three sets at 60% of one-repetition maximum (1RM) interspersed with 1 minute rest interval between exercises and sets, and a control session (CON) in which they remained seated for 30 minutes in the laboratory. SBP, DBP, MBP and HR were measured before exercise and during one hour every 10 minutes after sessions, in the seated position. A two-way ANOVA for repeated measures with Tukey's post hoc test was used for the intra and inter-group comparisons. RESULTS: There were no statistically significant differences on SBP, DBP and MBP after the experimental protocols, and no effect of ACE polymorphism (P > 0.05). However, comparing CON versus exercise effect size values (ES), homozygotic carriers of the allele D presented a drop in SBP which was considered moderate, while in allele I carriers it was small, 30 minutes after exercise. In MBP, homozygotic D carriers exhibited a large ES 20 minutes post-exercise. HR was higher at 10, 20 and 30 minutes after exercise as compared to pre-exercise only for carriers of the I allele (P < 0.05). CONCLUSIONS: Therefore, an acute RT session reduces clinical BP. In addition to this; it seems that ACE polymorphism had some influence on cardiovascular response to exercise.Trial Registration: RBR-6GDYVZ.

 

要旨背景本研究の目的は、鋭いレジスタンス・トレーニング(RT)セッションの効果と収縮期の(SBP)、拡張期および(DBP)平均血圧(MBP)と心拍数(HR)のアンジオテンシン変換酵素(ACE)の挿入/欠失(I/D)多型を検査することであった。
方法検体は、27人の座りっきりの女性から構成されていた(33.3 +/- 8.2の年;69.1 +/- 13.8kg;1.57 +/- 0.05m;27.6 +/- 5.1kg/m2)それらの多型I/Dによると、2つの群に分けられる(DD = 9;II +の子孫= 18)。
ボランティアは、2つの実験的なセッションを受けた:RT-鋭いセッションは、エクササイズとセットの1分の安静間を点在する1-最大反復回数(1RM)と彼らが検査室で30分の間着席するままだった対照セッション(CON)の60%で、3セットで実行した。
SBP、DBP、MBPとHRは、運動の前に、そして、10分毎に、座位で、セッションの後の1時間の間に測定された。
チューキーの事後の試験による反復計測のための双方向分散分析が、イントラおよび集団間の比較のために使われた。
結果統計的に有意な差が、実験的なプロトコルとACE多型の効果の後でないSBP、DBPとMBPになかった(P > 0.05)。
しかし、CON対運動効果の大きさ値を(ES)比較して、アレルIキャリアで、運動の30分後に、それが小さい間、アレルDのホモ接合体キャリアは低下を中等度であるとみなされたSBPに示した。
MBPにおいて、ホモ接合体Dキャリアは、20分運動後の大きいESを示した。
HRは、自我アレル(P < 0.05)のキャリアのためにだけ、前運動と比較すると運動の10、20と30分後により高かった。
結論:従って、鋭いRTセッションは、臨床血圧を減らす。
これに加えて;ACE多型にはexercise.Trial Registrationへの心血管反応に対する若干の影響があったようである:RBR-6GDYVZ。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x