医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Feasibility study of an optimised person-centred intervention to improve mental health and reduce antipsychotics amongst people with dementia in care homes: study protocol for a randomised controlled trial.

精神衛生を増進して、治療家で痴呆のある人々の間に抗精神病薬を減らす最適化された人中心の介入の事前調査:無作為比較試験のためにプロトコルを研究する。

Published date

2013-01-10

Author

Rhiannon Whitaker, Clive Ballard, Jane Stafford, Martin Orrell, Esme Moniz-Cook, Robert T Woods, Joanna Murray, Martin Knapp, Barbara Woodward Carlton, Jane Fossey

Affiliation

Psychological Services, Oxford Health NHS Foundation Trust, Fulbrook Centre, Oxford OX3 7JU, United Kingdom. jane.stafford@oxfordhealth.nhs.uk.

Abstract

BACKGROUND: People living in care homes often have complex mental and physical health problems, disabilities and social needs which are compounded by the use of psychiatric and other drugs. In the UK dementia care is a national priority with a vast impact on services. WHELD combines the most effective elements of existing approaches to develop a comprehensive but practical intervention. This will be achieved by training care staff to provide care that is focused on an understanding of the individual and their needs; and by using additional components such as exercise, activities and social interaction to improve mental health and quality of life (QoL) and reduce the use of sedative drugs.

 

DESIGN: Work Package 3 (WP3) is the pilot randomised trial and qualitative evaluation to help develop a future definitive randomised controlled clinical trial. The study design is a cluster randomised 2x2x2 factorial design with two replications in 16 care homes. Each care home is randomized to receive one of the eight possible permutations of the four key interventions, with each possible combination delivered in two of the 16 homes. Each cluster includes a minimum of 12 participants (depending upon size of the care home, the number of people with dementia and the number consenting).

 

DISCUSSION: The overarching goal of the programme is to provide an effective, simple and practical intervention which improves the mental health of, and reduces sedative drug use in, people with dementia in care homes and which can be implemented nationally in all UK care homes as an NHS intervention.

 

TRIAL REGISTRATION: Current controlled trials ISRCTN40313497.

 

背景人々介護を受ける生活家は、精神医学的なおよび他の薬を用いて倍加する複雑な精神的・肉体的健康問題、障害と社会的要求をしばしばする。
英国では、痴呆治療は、サービスへの巨大な影響による国家優先権である。
WHELDは、広範囲であるが、実際的な介入を展開するために、既存のアプローチで最も有効な要素を併合する。
これは、治療スタッフを個人とそれらのニーズの理解に集中する治療を提供するために訓練することによって達成される;そして、使用することにより、例えば、付加的な構成要素(精神衛生と生活の質(QoL)を改善して、鎮静剤の使用を減らす活動と社会的接触場面)は、運動する。


デザイン効果パッケージ3(WP3)は、将来の限定的な無作為抽出臨床試験を展開するのを助ける試験的な無作為試験と質的な評価である。
研究デザインは、2つの複製が16の治療家にある集団無作為2x2x2要因配置である。
各ありうるコンビネーションを16の家のうちの2つで加えて、ホームで各治療は、4つの鍵となる介入の8つのありうる置換のうちの1つを受けるためにランダム化される。
各集団は、最低12人の参加者(治療家の規模、痴呆のある人々の数と同意している数によって)を含む。


討論プログラムの全てにかかわる目的は鎮静の薬物使用を中で精神衛生を増進して、それを減らす、有効な、単純なおよび実際的な介入を提供することになっている、治療家の痴呆で人々、そして、NHS介入としてすべての英国治療家で全国的に実装されることができる。


試験登録:電流は、試験ISRCTN40313497を制御した。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x