PubMed日本語 - 有病率の比較と米国の2つの集団の高血圧症治療:マスター・スイマー対NHANES集団。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Comparison of the prevalence and treatment of hypertension in two populations in the United States: masters swimmers versus the NHANES population.

有病率の比較と米国の2つの集団の高血圧症治療:マスター・スイマー対NHANES集団。

Published date

2013-01-11

Author

Sally K Guthrie, Steven R Erickson, Matthew S Lau

Affiliation

The University of Michigan, College of Pharmacy, Ann Arbor, MI 48109-1065, USA. salgut@umich.edu

Abstract

This research compares the prevalence of hypertension in a group of adult masters swimmers with an age and sex matched cohort from the 2008 NHANES (National Health and Nutrition Examination Survey), used to represent the general population in the United States. Masters swimmer data were obtained from a one-time survey of all United States Masters Swimming (USMS) members. Both datasets included demographics, drug therapy, diseases and health status. Characteristics of swimming sessions as well as perceptions of impact of medications on exercise were also collected from the USMS respondents. Of 1346 completed surveys from USMS respondents, 15.8% self-identified as having hypertension while 36.2% participants in the NHANES survey suffered from hypertension (P < 0.001). The two groups were well matched for age and gender but the USMS group was primarily Caucasian, higher income, higher education, and reported higher health status. In the USMS group, not only was hypertension less prevalent but those who suffered from hypertension took fewer medications (P = 0.04) to manage their hypertension than in the NHANES group. Additionally, The USMS group suffering from hypertension considered themselves healthier (P < 0.001) than the NHANES group.

 

この研究は2008のNHANES(全国健康栄養検査調査)から年齢と性がマッチしたコホートとともに成人のマスター・スイマーの群で高血圧の罹患率を比較する。
そして、米国で一般集団を代表するのに用いられる。
マスターズ・スイマー・データは、すべての米国のマスターズスイミング(USMS)メンバーの一時的な調査から得られた。
両方のデータセットは、実態的人口統計学、薬物療法、疾患と健康状態を含んだ。
水泳セッションの特徴ならびに薬物の衝撃の認知は、USMS回答者からも運動時に集められた。
USMS回答者からの1346の完了された調査のうち、NHANES調査の36.2%の参加者が高血圧(P < 0.001)を患う間、15.8%は高血圧が認められながら自己識別した。
2つの群は年齢と性のために適合度が高かった、しかし、USMS群は主にコーカサスの、より高度な収入(高等教育)で、より高度な健康状態を報告した。
USMS群において、高血圧はより大流行ならであるだけで、高血圧を患っていた人々は、それらの高血圧を管理するために、NHANES群でより少しの薬物(P = 0.04)を服用した。
その上、高血圧の被害を被っているUSMS群は、自分自身をNHANES群より健康である(P < 0.001)とみなした。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x