PubMed日本語 - 一次診療の新しい抗凝固剤の意味。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Implications of new anticoagulants in primary practice.

一次診療の新しい抗凝固剤の意味。

Published date

Author

A Perez, L H Eraso, G J Merli

Affiliation

Jefferson Vascular Center, Jefferson Medical College, Thomas Jefferson University Hospitals, Philadelphia, PA, USA.

Abstract

Background:  Effective prophylaxis and treatment of thromboembolic disorders remain suboptimal in many healthcare systems, partly owing to limitations of traditional anticoagulants. New oral anticoagulants have been developed and among these, rivaroxaban, apixaban and dabigatran etexilate are in the most advanced stage of clinical development. Method:  A literature search using the PubMed and ClinicalTrials.gov databases was performed to identify English-language publications. The search was performed up to 31 December 2011 with the terms rivaroxaban OR Xarelto, apixaban OR Eliquis and dabigatran OR Pradaxa. Ongoing, completed and published phase III randomised controlled trials were selected as the primary source of information for the clinical development programme of each drug. Results:  The new oral agents demonstrate several advantages over traditional anticoagulants, including administration at fixed doses and no requirement for routine coagulation monitoring On the basis of phase III clinical trials, rivaroxaban, apixaban and dabigatran etexilate have been approved in many countries for the prevention of venous thromboembolism after hip and knee replacement surgery. Dabigatran etexilate and rivaroxaban have also been approved for the prevention of stroke and systemic embolism in patients with non-valvular atrial fibrillation in Europe and the US. In addition, rivaroxaban has been approved in Europe for the treatment of acute deep vein thrombosis and prevention of recurrent venous thromboembolism. Approval of these agents and postapproval monitoring of their safety and efficacy will have implications for primary care. Conclusion:  Rivaroxaban, apixaban and dabigatran etexilate offer the possibility of simplified prevention and treatment strategies for thromboembolic disorders in the outpatient setting.

 

背景部分的に伝統的な抗凝固剤の限定のために、有効な予防と血栓塞栓障害の治療は多くのヘルスケアシステムで最適以下のままである。
新しい経口抗凝血薬は開発された、そして、これらの間で、リバロキサバン、アピキサバンとダビガトランエテキシラートは臨床発生で最も多くの進行期である。
方法:PubMedとClinicalTrials.govデータベースを使用している文献検索は、英語刊行物を特定するために行われた。
検索は、条件リバロキサバンまたはXarelto(アピキサバンまたはEliquisとダビガトランOR Pradaxa)で2011年12月31日まで行われた。
進行中の、完了されたおよび発表された第III相無作為比較試験は、各薬の臨床開発計画のための原発性情報源として選ばれた。
結果一定用量の投与を含む伝統的な抗凝固剤に勝るいくつかの利点とルーチンの凝固監視Onのための第3相試験、リバロキサバン、アピキサバンとダビガトランエテキシラートの基礎が股関節および膝関節の置換手術の後静脈血栓塞栓症の予防のために多くの国で承認されたという必要でないのを、新しい経口薬剤は示す。
ダビガトランエテキシラートとリバロキサバンはヨーロッパと米国でも非弁心房細動患者で脳卒中と全身性塞栓症の予防のために承認された。
そのほかに、リバロキサバンは急性深在静脈血栓症の治療と再発性静脈血栓塞栓症の予防のためにヨーロッパで承認された。
これらの薬剤の認可とそれらの安全性および有効性のポスト承認モニタリングには、プライマリケアへの含みがある。
結論リバロキサバン、アピキサバンとダビガトランエテキシラートは、外来患者設定で単純化された予防と治療戦略の可能性を血栓塞栓障害に対して提供する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x