医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Defining cell culture conditions to improve human norovirus infectivity assays.

Published date

Defining cell culture conditions to improve human norovirus infectivity assays.

人間のノロウイルス感染性分析を改善するために細胞培養条件を定義すること。

Published date

Author

T M Straub, J R Hutchison, R A Bartholomew, C O Valdez, N B Valentine, A Dohnalkova, R M Ozanich, C J Bruckner-Lea

Affiliation

Pacific Northwest National Laboratory, 902 Battelle Blvd, MS P7-50, Richland, WA 99354, USA E-mail: Timothy.Straub@pnnl.gov.

Abstract

Significant difficulties remain for determining whether human noroviruses (hNoV) recovered from water, food, and environmental samples are infectious. Three-dimensional (3-D) tissue culture of human intestinal cells has shown promise in developing an infectivity assay, but reproducibility, even within a single laboratory, remains problematic. From the literature and our observations, we hypothesized that the common factors that lead to more reproducible hNoV infectivity in vitro requires that the cell line be (1) of human gastrointestinal origin, (2) expresses apical microvilli, and (3) be a positive secretor cell line. The C2BBe1 cell line, which is a brush-border producing clone of Caco-2, meets these three criteria. When challenged with Genogroup II viruses, we observed a 2 Log(10) increase in viral RNA titer. A passage experiment with GII viruses showed evidence of the ability to propagate hNoV by both quantitative reverse transcription polymerase chain reaction (qRT-PCR) and microscopy. In our hands, using 3-D C2BBe1 cells improves reproducibility of the infectivity assay for hNoV, but the assay can still be variable. Two sources of variability include the cells themselves (mixed phenotypes of small and large intestine) and initial titer measurements using qRT-PCR that measures all RNA vs. plaque assays that measure infectious virus.

 

著しい困難はヒト・ノロウイルス(hNoV)が水(食物)から戻ったかどうか決定するために残る、そして、環境検体は感染性である。
ヒトの腸細胞の3次元(三次元の)組織培養は感染性分析を展開する際に見込みを示した、しかし、再現性は、シングルの検査室内でさえ、問題を含むままである。
文献と我々の観察から、我々は共有地が感染性が生体外で必要とするより再生可能なhNoVにその導出を因数に分解すると仮定した。
そして、細胞系は(1)ヒト胃腸起源の、(2)先端の微絨毛を表すと(3)陽性分泌腺細胞系であるである。
C2BBe1細胞系(それはCaco-2の刷子縁生成クローンである)は、これらの3つの基準を満たす。
Genogroup IIウイルスで難詰されるとき、我々は2Log(10)がウイルス・リボ核酸力価が増加するのを認めた。
GIIウイルスの通過実験は、定量的逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(qRT-PCR)と鏡検によってhNoVを伝播する能力の徴候を示した。
我々の手で、三次元C2BBe1細胞を使用することは感染性分析の再現性をhNoVのために改善する、しかし、分析はまだ様々でありえる。
変動性の2つのもとは、すべてのRNAを測定するqRT-PCR対感染性ウイルスを測定するプラーク検定法を使用している細胞(小腸および大腸の混合表現型)自体と最初の力価測定を含む。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x