PubMed日本語 - 選挙に関する股関節と膝関節形成の後静脈血栓塞栓症を防止することでのダビガトラン対低分子ヘパリン:選択された臨床パラメータの評価。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Dabigatran vs. low molecular weight heparin in preventing venous thromboembolism after elective hip and knee arthroplasty: evaluation of selected clinical parameters.

選挙に関する股関節と膝関節形成の後静脈血栓塞栓症を防止することでのダビガトラン対低分子ヘパリン:選択された臨床パラメータの評価。

Published date

2012-10-25

Journal

Pol Orthop Traumatol. 2012; 77; 111-4;

Author

Dawid Mrozik, Agnieszka Jackiewicz, Marek Krzemiński

Affiliation

Department of Orthopaedics and Traumatology Specialist Hospital in Kościerzyna, Kościerzyna, Poland. dawidmrozik@gmail.com

Abstract

One of the most frequently performed surgical procedures in orthopaedy and traumatology are total arthroplasty of the hip and the knee. Patients who are undergoing those treatment are exposed to thromboembolic complications. It is necessary to prevent them against thromboembolic complications. Current standard practice for anticoagulant prophylaxis to prevent venous thromboembolism after total hip or knee arthroplasty includes subcutaneous low-molecular weight heparin. Dabigatran etexilate is an oral, reversible direct thrombin inhibitor, with predictable and reproducible pharmacodynamic effects and pharmacokinetic characteristics that permit once-daily dosing. The aim of this study was to evaluate the incidence of venous thromboembolism (measured using Doppler ultrasonography), pulmonary embolism and mortality after using both types of prophylaxis. Also evaluated the safety of medicines, examining the post-operative blood loss, decreased hematocrit and hemoglobin. We analyzed the incidence of complications by assessing the state of local inflammation, the level of C-reactive protein. There was no significant difference in the safety of the oral and subcutaneous thromboprophylaxis in patients undergoing either total hip or knee replacement. Blood loss after surgery, duration of surgery, decrease of hematocrit and hemoglobin were not significantly different. None of the both drugs did not differ significantly in the incidence of inflammatory complications a systemic and a local. In the studied population, the effectiveness of thromboprophylaxis was high.

 

orthopaedyと外傷学で最もしばしば施行された外科的手技の1件は、股関節と膝の完全関節形成である。
それらの治療を受けている患者は、血栓塞栓合併症にさらされる。
血栓塞栓合併症に対してそれらを予防することが、必要である。
抗凝固性予防が全体の股関節または膝関節形成の後静脈血栓塞栓症を防止する現在の一般の慣例は、皮下低分子ヘパリンを含む。
1日1回の投薬ができるようにする予測可能および再生可能な薬力学的効果と薬物動態学的特徴で、ダビガトランエテキシラートは経口、可逆的な直接的なトロンビン阻止物質である。
本研究の目的は、両方のタイプの予防を使用した後に静脈血栓塞栓症(ドップラー超音波検査を使用して正確に計った)、肺動脈塞栓症と死亡率の発生率を評価することであった。
術後失血、減少したヘマトクリットとヘモグロビンを調べて、医薬品の安全性も評価した。
我々は、局所炎症(C反応性蛋白のレベル)の状態を評価することによって、合併症の発生率を分析した。
有意差が、全体の股関節または膝置換を経験している患者で、経口および皮下血栓予防の安全性になかった。
手術後の失血、手術の継続、ヘマトクリットの減少とヘモグロビンは、有意差を示さなかった。
両方の薬のいずれも、炎症性合併症の発生率で有意差があるというわけではなかった全体的な、そして、ローカル。
周到な集団において、血栓予防の効果は、高かった。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x