医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

A comprehensive review of the effectiveness of different exercise programs for patients with osteoarthritis.

Published date

A comprehensive review of the effectiveness of different exercise programs for patients with osteoarthritis.

骨関節炎患者のための異なる運動プログラムの効果の広範囲の再調査。

Published date

Author

Yvonne M Golightly, Kelli D Allen, Dennis J Caine

Affiliation

Department of Epidemiology; Thurston Arthritis Research Center; Injury Prevention Research Center, University of North Carolina, Chapel Hill, NC.

Abstract

Exercise is recommended as a first-line conservative intervention approach for osteoarthritis (OA). A wide range of exercise programs are available and scientific evidence is necessary for choosing the optimal strategy of treatment for each patient. The purpose of this review is to discuss the effectiveness of different types of exercise programs for OA based on trials, systematic reviews, and meta-analyses in the literature. Publications from January 1997 to July 2012 were searched in 4 electronic databases using the terms osteoarthritis, exercise, exercise program, effectiveness, and treatment outcome. Strong evidence supports that aerobic and strengthening exercise programs, both land- and water-based, are beneficial for improving pain and physical function in adults with mild-to-moderate knee and hip OA. Areas that require further research include examination of the long-term effects of exercise programs for OA, balance training for OA, exercise programs for severe OA, the effect of exercise programs on progression of OA, the effectiveness of exercise for joint sites other than the knee or hip, and the effectiveness of exercise for OA by such factors as age, sex, and obesity. Efforts to improve adherence to evidence-based exercise programs for OA and to promote the dissemination and implementation of these programs are crucial.

 

運動は、骨関節炎(OA)のための一次保存的介入アプローチとして推奨される。
広範囲にわたる運動プログラムは利用できる、そして、科学的な証拠は各患者の治療の最適戦略を選択するために必要である。
このレビューの目的は、文献で試験、系統的レビューと展望研究に基づくOAのために異なるタイプの運動プログラムの効果を検討することである。
1997年1月から2012年7月への刊行物は、条件骨関節炎、運動、運動プログラム、効果と治療転帰を使用している4つの電子データベースで検索された。
エアロビクスおよび強化運動プログラム(地上および水性の)が中軽度の膝と股関節OAで成人で痛みと身体的な機能を改善するために有益である強い証拠支持物。
更なる研究を必要とする領域は、OAのための運動プログラムの長期間作用、OAのためのバランス訓練、重篤なOAのための運動プログラム、OAの進行の上の運動プログラムの効果、膝または股関節以外の関節部位のための運動の効果と年齢、性と肥満のような因子によるOAのための運動の効果の検査を含む。
OAのために根拠に基づく運動プログラムへの付着を改善して、これらのプログラムの普及と実施を促進する努力は、十字形である。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x