医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

An Efficient Method for Isolation of Hantaan Virus through Serial Passages in Suckling Mice.

Published date 2013 Jan 9

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

An Efficient Method for Isolation of Hantaan Virus through Serial Passages in Suckling Mice.

マウスに乳を飲ませることでの連続継代を通してのハンターンウイルスの隔離のための効率的な方法。

Published date

2013-1-09

Journal

Intervirology. 2013;

Author

J-L Li, J-X Ling, L-J Chen, F Wei, F Luo, Y-Y Liu, H-R Xiong, W How, Z-Q Yang

Affiliation

State Key Laboratory of Virology, Institute of Medical Virology, School of Medicine, Wuhan University, Wuhan, PR China.

Abstract

Objective: Hantaan virus (HTNV) is one of the main etiologic agents for hemorrhagic fever with renal syndrome in China. However, it is very difficult to isolate the virus from its original host, which hampers the viral characterization. This study describes an efficient method for isolating HTNV in suckling mice. Methods: Hantavirus-infected Apodemus agrarius were screened by quantitative real-time PCR. The homogenates of one positive rodent lung tissue were inoculated into suckling mice for virus propagation through serial passages. Results: During the three passages in suckling mice, the number of viral RNA copies/nanogram of GAPDH mRNA increased significantly ranging from 477 to 7,278 and 46 to 4,898 in the tissues of brain and lung, respectively. Hantaviral antigens could be detected by indirect immunofluorescence assay and around 100-nm virion-like structures were also observed in brain tissue by transmission electron microscopy. No nucleotide exchange was found except for one in the 3'-non-coding domain of S segment when comparing the complete genome sequences from hantavirus in the first and the third passages. Conclusion: These results suggest inoculation of suckling mice with suspected hantavirus-infected rodent samples is an efficient method for isolation and maintenance of HTNV.

 

目的ハンターンウイルス(HTNV)は、中国の腎症候性出血熱のための主な病原体の1つである。
しかしながら、ウイルスをその最初の宿主から分離することは非常に難しい。
そして、それはウイルス性特徴描写を妨げる。
本研究は、マウスに乳を飲ませる際にHTNVを分離する効率的な方法を述べる。
方法ハンタウイルス感染セスジネズミは、定量的リアルタイムPCRで隠された。
1つの陽性齧歯目の肺組織のホモジェネートは、連続継代を通してウイルス伝播のためにマウスに乳を飲ませることに予防接種をされた。
結果マウスに乳を飲ませることでの3本の通路の間、ウイルス・リボ核酸の番号は複製する/ナノグラム、GAPDH中、mRNAはそれぞれ脳と肺の組織477から7,278と46~4,898の範囲で有意に増加した。
ハンタウイルス抗原は間接蛍光抗体法によって検出されることができた、そして、およそ100ナノメートルのビリオン様の構造は透過型電子顕微鏡で脳組織でも観察された。
第1のおよび3本目の通路でハンタウイルスから完全なゲノム配列を比較するとき、ヌクレオチド交換はS部分の3'-非-コーディング領域で1つを除いて見つからなかった。
結論これらの結果は、ハンタウイルス感染した齧歯目の検体が疑われる哺乳マウスの接種が隔離のための効率的な方法とHTNVの維持であることを示唆する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x