医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Effects of exercise on fracture reduction in older adults: a systematic review and meta-analysis.

Published date 2013 Jan 10

Effects of exercise on fracture reduction in older adults: a systematic review and meta-analysis.

高齢成人の骨折削減に関する運動の効果:系統的レビューと展望研究。

Published date

2013-01-10

Author

W Kemmler, L Häberle, S von Stengel

Affiliation

Institute of Medical Physics, University of Erlangen, Henkestrasse 91, 91052 Erlangen, Germany. Wolfgang.Kemmler@imp.uni-erlangen.de

Abstract

UNLABELLED: In this meta-analysis, we evaluated the effect of exercise on fracture reduction in the elderly. Our results determined a significantly positive effect on overall fractures, whereas the possibility of a publication bias indicates the need for well-designed (multi-center) trials that generate enough power to focus on osteoporotic fractures.

 

INTRODUCTION: The preventive effect of exercise on fracture incidence has not been clearly determined yet. Thus, the purpose of this study is to evaluate the effectiveness of exercise in preventing overall and vertebral fractures in older adults by meta-analyses technique.

 

METHODS: This study followed the PRISMA recommendations for systematic reviews and meta-analyses. A systematic review of English articles between 1980 and March 2012 was performed. Terms used were: "exercise", "fractures", "bone", "falls", "osteoporosis", "BMD", "BMC", "bone turnover", while the search was limited to "clinical trial" and "humans". Controlled exercise trials that reported fracture number as endpoint or observation in subjects 45 years and older were included.

 

RESULTS: Ten controlled exercise trials that reported overall fractures and three exercise trials that reported vertebral fractures met our inclusion criteria. Overall fracture number in the exercise group was 36 (n = 754) compared with 73 fractures in the CG (n = 670) (relative risk [RR] = 0.49; 95 % confidence interval [CI], 0.31-0.76). No significant heterogeneity of trial results (p = 0.28; I (2) = 17) was determined; however, there was some evidence to suggest a publication bias. The overall RR for vertebral fracture number (0.56; 95 % CI, 0.30-1.04) (EG: 19 fractures/103 subjects vs. CG: 31 fractures/102 subjects) was borderline non-significant while the heterogeneity of trial results also cannot be ruled out.

 

CONCLUSION: Although there is evidence that exercise reduces overall and, to a lesser degree, vertebral fractures in the elderly, the possibility of publication bias weakens our result and demonstrates the imperative for large exercise studies with dedicated exercise protocols that focus on fractures as a primary endpoint.

 

非ラベルをつけられる:この展望研究において、我々は運動の効果を高齢者の骨折削減に関して評価した。
我々の結果は全体の骨折に対する有意に陽性効果を決定したが、刊行バイアスの可能性は骨粗鬆症性骨折に集中するのに十分な力を発生させる、うまく設計された(マルチセンターの)試験の必要を示す。


序論運動の骨折発生率に対する予防的影響は、まだ明らかに決定されなかった。
このように、本研究の目的は、展望研究テクニックによって高齢成人で全体および脊椎骨骨折を防止する際に運動の効果を評価することである。


方法本研究は、系統的レビューと展望研究のPRISMA推奨に従った。
1980と2012年3月の間の英語の論文の系統的再調査は、行われた。
使われる条件は、以下の通りであった:「運動」、「骨折」、「骨」、「転倒」、「骨粗鬆症」、「BMD」、「BMC」、検索が「臨床試験」と「ヒト」に限られる間、「骨交代」。
エンドポイントとして骨折番号を報告した対照運動試験または45歳以上の被験者における観察は、含まれた。


結果全体の骨折を報告した10件の対照運動試験と脊椎骨折を報告した3件の運動試験は、我々の包含基準を満たした。
運動群の全体の骨折番号は、CG(n = 670)(相対リスク[RR]= 0.49; 95%信頼区間[CI]、0.31-0.76)の中の73の骨折と比較して36(n = 754)であった。
試験結果(p = 0.28;私(2) = 17)の有意の異質性は、決定されなかった;しかしながら、刊行バイアスを示唆するなにかの証拠が、あった。
試験結果の異質性も除外されることができない間、脊椎骨折番号(0.56; 95%CI(0.30-1.04))(EG:19骨折/103人の被験者対CG:31骨折/102人の被験者)のための全体のRRは有意でない境界線であった。


結論運動が高齢者で全体および、それより程度は低いが、脊椎骨骨折を減らすという証拠があるにもかかわらず、刊行バイアスの可能性は我々の結果を弱めて、主要エンドポイントとして骨折に集中する献身的運動プロトコルで大規模な運動負荷試験のために緊急事態を示す。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x