医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Chemopreventive effect and HPTLC fingerprinting analysis of Jasminum sambac (L.) Ait. Extract against DLA-induced lymphoma in experimental animals.

化学的予防効果とオウバイsambac(L.)の分析から指紋をとっているHPTLC小島。実験動物におけるDLAによって誘発されたリンパ腫に対する抽出物。

Published date

2013-01-10

Author

M Kalaiselvi, R Narmadha, P Ragavendran, B Vidya, D Gomathi, C Arul Raj, T Starlinraj, V K Gopalakrishnan, C Uma, K Kalaivani

Affiliation

Department of Biochemistry, Kongunadu Arts and Science College, Coimbatore, 641 029, Tamil Nadu, India. drkalaivanivani.vani4@gmail.com

Abstract

The anticancer activity of the ethanolic extract of Jasminum sambac against Dalton's lymphoma ascites-induced lymphatic cancer in Swiss albino mice was investigated. The anticancer activity of J. sambac was studied against lymphoma using lipid profiles, biochemical parameters, and membrane-bound marker enzymes by standard procedures. A high-performance thin-layer chromatography fingerprinting analysis showed the presence of terpenoids and flavonoids. The levels of cholesterol, triglyceride, VLDL cholesterol, and LDL cholesterol were significantly decreased in tumor-induced mice, while HDL cholesterol showed increased levels compared with those profiles. On treatment with J. sambac, the levels were brought back to near normal. The albumin, creatinine, total protein, urea, and uric acid contents were also approaching normal values. There was s significant increase in the levels of ATPase in group II. These levels were brought back to normal upon plant extract treatment of mice. DNA fragmentation occurred in the tumor-induced group of tissue, and treatment with ethanolic extract reduced the DNA damage caused by lymphoma. Expression of lactate dehydrogenase (LDH) isoenzymes shows an increase in the levels of LDH-4 and LDH-5 in cancer-bearing animals which is brought back to near normal. Histopathological investigation showed normal sections of liver tissues in the treatment group. The results found in mice treated with ethanolic extract 100 mg kg(-1) body weight quite promising and were comparable with the standard drug 5-fluorouracil. The statistically processed results support the conclusion that the ethanolic extract of J. sambac flower (100 mg kg(-1)) possesses a dose-dependent significant anticancer activity against lymphoma.

 

スイスの白子のマウスにおけるドルトンのリンパ腫腹水によって誘発されたリンパ管癌に対するオウバイsambacのエタノール抽出物の抗癌活性は、調査された。
J. sambacの抗癌活性は、標準操作法によって脂質プロフィール、生化学パラメータと膜結合性指標酵素を使用しているリンパ腫に対して研究された。
分析から指紋をとっている高性能薄層クロマトグラフィは、テルペノイドとフラボノイドの存在を示した。
高密度リポ蛋白質コレステロールがそれらのプロフィールと比較して増加したレベルを示す間、コレステロール、トリグリセリド、超低比重リポ蛋白コレステロールとLDLコレステロールのレベルは腫瘍によって誘発されたマウスで有意に低下した。
J. sambacによる治療に関して、レベルは近い正常に戻された。
アルブミン、クレアチニン、総蛋白、尿素と尿酸内容は、正常値にも近づいていた。
ATPアーゼのレベルのs有意の増加が、群IIであった。
これらのレベルは、マウスの植物エキス治療に応じて正常に戻って持ってこられた。
DNA断片化は組織の腫瘍によって誘発された群で生じた、そして、エタノール抽出物による治療はリンパ腫に起因するDNA損傷を減らした。
乳酸デヒドロゲナーゼ(LDH)イソ酵素の発現は、近い正常に戻される癌をもった動物で、LDH-4とLDH-5のレベルの増加を示す。
組織病理調査は、治療群の肝臓組織の正常な部分を示した。
マウスで見つかる結果は、全く約束しているエタノール抽出物100mgのkg(-1)体重と交渉して、基準薬5‐フルオロウラシルと同等だった。
統計学的に処理された結果は、J. sambac花(100mgのkg(-1))のエタノール抽出物がリンパ腫に対して用量依存的有意な抗癌活性を所有するという結論を支持する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x