医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Effect of two maximal isometric contractions on eccentric exercise-induced muscle damage of the elbow flexors.

肘屈筋側の偏心の運動によって誘発された筋損傷に関する2つの最大等尺性収縮の効果。

Published date

2013-1-10

Journal

Eur J Appl Physiol. 2013;

Author

Trevor C Chen, Hsin-Lian Chen, Ming-Ju Lin, Che-Hsiu Chen, Alan J Pearce, Kazunori Nosaka

Affiliation

Department of Physical Education, Health and Recreation, National Chiayi University, 85 Wenlong Village, Minsyong Township, Chiayi County, 62103, Taiwan, trevorchen@mail.ncyu.edu.tw.

Abstract

This study investigated the time wise protective effect conferred by two maximal voluntary isometric contractions (2MVCs) at 20° elbow flexion on muscle damage induced by 30 maximal isokinetic (60° s(-1)) eccentric contractions of the elbow flexors (MaxECC). Sixty-five young untrained men were randomly assigned to a control group that did not perform 2MVCs, or one of four experimental groups (n = 13 per group) who performed 2MVCs either immediately (0d), 2 (2d), 4 (4d) or 7 days (7d) before MaxECC. Changes in maximal isokinetic (60° s(-1)) concentric torque (MVC-CON), optimum angle (OA), range of motion, upper arm circumference, muscle soreness, plasma creatine kinase activity and myoglobin concentration, and ultrasound echo-intensity following MaxECC were compared among the groups by a two-way repeated measures ANOVA. No significant changes in any variables were evident following 2MVCs. The 2d and 4d groups showed 16-62 % smaller (P < 0.05) changes in all variables following MaxECC than the control, 0d and 7d groups. The 2d group showed 14-34 % smaller (P < 0.05) changes in all variables except for OA compared with the 4d group. The changes in the variables were similar among the control, 0d and 7d groups. These results show that 2MVCs that were performed between 2 and 4 days before MaxECC attenuated the magnitude of muscle damage, but no such effect was evident if the 2MVCs were performed immediately or 7 days before MaxECC. It is concluded that the protective effect conferred by 2MVCs is relatively short-lived, and there is a window for the effect to be conferred.

 

本研究は、肘屈筋側(MaxECC)の30の最大等速性(60°s(-1))伸張性収縮によって誘発される筋損傷に関して20°肘屈曲で2つの最大随意等尺性収縮(2MVCs)によって与えられる時間的な保護作用を調査した。
65人の若い訓練されていない男性は、2MVCsを行わなかった対照群または直ちに2MVCsも行った(0d)4人の実験群(群当たりのn = 13)、2(2d)、4(4d)またはMaxECCの前の7日(7d)のうちの1つまで無作為割付けされた。
最大等速性の(60°s(-1))同心のトルク(MVC-CON)(至適角度(OA))の変化は運動、頸動脈内膜、筋肉痛、血漿クレアチン・キナーゼ活性とミオグロビン濃度の変動する、そして、MaxECC後の超音波エコー-強度は双方向反復手段分散分析によって群の間で比較された。
少しの変数における有意な変化も、明白な以下の2MVCsでなかった。
2dと4dの群は、MaxECCの後、制御、0dと7dの群より16-62%小さいすべての変数の(P < 0.05)変化を示した。
2dの群は、4dの群と比較してOAを除いてすべての変数の14-34%より小さい(P < 0.05)変化を示した。
変数の変化は、制御、0dと7dの群の間で類似していた。
これらの結果はMaxECCが筋損傷の大きさを減弱した2~4日前に行われたその2MVCsを示す、しかし、2MVCsが直ちに、または、MaxECCの7日前に行われる場合、そのような効果は明白でなかった。
2MVCs与えられる保護作用が比較的短期であると結論される、そして、ウインドウが与えられる効果のためにある。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x