PubMed日本語 - 人口に基づいた症例対照研究:プロトンポンプ抑制とビスホスホネートの使用による股関節部骨折のリスク。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

A population-based case-control study: proton pump inhibition and risk of hip fracture by use of bisphosphonate.

Published date 2013 Jan 11

A population-based case-control study: proton pump inhibition and risk of hip fracture by use of bisphosphonate.

人口に基づいた症例対照研究:プロトンポンプ抑制とビスホスホネートの使用による股関節部骨折のリスク。

Published date

2013-1-11

Journal

J Gastroenterol. 2013;

Author

Joongyub Lee, Kyungeun Youn, Nam-Kyong Choi, Jin-Ho Lee, Dongyoon Kang, Hong-Ji Song, Byung-Joo Park

Affiliation

Clinical Epidemiology Division, Medical Research Collaborating Center, Seoul National University Hospital and Seoul National University College of Medicine, Seoul, Korea.

Abstract

BACKGROUND: Studies on the risk of osteoporotic fractures related to the use of proton pump inhibitors (PPIs) have been inconsistent. One recent cohort study reported that there was an interaction between PPIs and bisphosphonates (BPs). Thus we performed a case-control study aimed at evaluating the risk of hip fractures related to PPIs and exploring the interaction between PPIs and BPs. METHODS: A case-control study was performed using the Korean Health Insurance Review and Assessment Service database from 2005 January to 2006 June. The cases were all incident hip fractures identified from July 2005 to June 2006, and up to four controls were matched to each case by age, gender, and osteoporosis. Conditional logistic regression was used to calculate the adjusted odds ratio (aOR) and its 95 % confidence intervals. RESULTS: A total of 24,710 cases were identified and 98,642 controls were matched to the cases. The aOR and its 95 % CI of hip fractures related to the use of PPIs was 1.34 (95 % CI 1.24-1.44). When the study participants were stratified according to BP use, the aOR was 1.30 (95 % CI 1.19-1.42) in BP non-users, which was significantly different from the 1.71 (95 % CI 1.31-2.23) of BP users. Only BP users showed a decreasing tendency toward fracture risk as exposure to PPI became less recent, and a trend of increasing risk with increasing cumulative doses. CONCLUSIONS: Our results suggest that the mechanism for increased risk of hip fracture by PPIs may arise mainly from interaction of BP and PPIs.

 

背景プロトンポンプ阻害剤(PPI)の使用に関連した骨粗鬆症性骨折のリスクの研究は、矛盾していた。
1つの最近のコホート研究は、PPIとビスホスホネート(血圧)の間の相互作用があると報告した。
このように、我々は、PPIに関連した股関節部骨折のリスクを評価することを目的として、PPIと血圧の間の相互作用を調査している症例対照研究を行った。
方法症例対照研究は、2005の1月から2006の6月まで韓国の健康保険レビューと評価サービスデータベースを使用して行われた。
症例は2005年7月から2006年6月まで確認されるすべての事件股関節部骨折であった、そして、最高4人の対照は年齢、性と骨粗鬆症によって各症例と合った。
条件つきのロジスティック回帰は、補正オッズ比(aOR)とその95%の信頼区間を算出するのに用いられた。
結果合計24,710例は確認された、そして、98,642人の対照は症例と合った。
aORとPPIの使用に関連した股関節部骨折のその95%CIは、1.34(95%CI 1.24-1.44)であった。
試験参加者が血圧使用によって層化されたとき、aORは血圧非使用者における1.30(95%CI 1.19-1.42)であった。
そして、それは血圧使用者の1.71人(95%CI 1.31-2.23)と有意に異なった。
PPIへの露出がより新しくならなかったので、使用者が骨折リスクに向かう減少している傾向に見せた血圧と蓄積量を増加させることでリスクを増す傾向だけ。
結論:我々の結果は、PPIによる股関節部骨折のリスク増加のための機序が主に血圧とPPIの相互作用から生じることを示唆する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x