医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

A Simple Method for Increasing High-Density Lipoprotein Cholesterol Levels: A Pilot Study of Combination Aerobic and Resistance Exercise Training.

高密度リポ蛋白質コレステロール・レベルを上昇させる単純な方法:エアロビクス・コンビネーションの予備的研究と抵抗は、訓練を行う。

Published date

2012-11-19

Journal

Int J Sport Nutr Exerc Metab. 2012;

Author

Ming-Lang Jane, Chien-Chang Ho, Shih-Chang Chen, Yi-Chia Huang, Cheng-Hsiu Lai, Yung-Po Liaw

Affiliation

Office of Physical Education, Chung Hua University, Hsinchu City, Taiwan.

Abstract

Evidence suggests that physical activity has a beneficial effect of elevated high-density lipoprotein cholesterol (HDL-C) on reducing coronary artery risk. However, previous studies show contrasting results for this association between different types of exercise training (i.e., aerobic, resistance or combined aerobic and resistance training).The aim of this study was to determine which type of exercise training is more effective in increasing HDL-C levels. A total of 40 obese males, aged 18-29 years old, were randomized into four groups: an aerobic training group (n= 10), a resistance training group (n= 10), a combined exercise training group (n= 10), and a control group(n= 10). After 12-week of exercise program, anthropometrics, blood biochemical variables and physical fitness components were compared with the data obtained at the baseline. The multiple regression analysis was used to evaluate the association between different types of exercise training and changes in HDL-C while adjusting for potential confounders. The results showed that with the control group as the comparator, the effects of combined exercise training group (β= 4.17, P< 0.0001), aerobic training group (β= 3.65, P< 0.0001) and resistance training group (β= 2.10, P=0.0001) were positively associated with increase in HDL-C after adjusting for potential confounders. Our findings suggested that a short-term exercise program can play an important role in increasing the HDL-C level, either aerobic or resistance training alone increase significantly the HDL-C levels, but the improvements are greatest with combined aerobic and resistance training.

 

証拠は、身体活動には冠状動脈リスクを低下させることに高い高密度リポ蛋白質コレステロール(HDLC)の薬効があることを示唆する。
しかしながら、先行研究は、異なるタイプの運動トレーニング(好気性で、すなわち抵抗、または混合性の好気性のレジスタンス・トレーニング)の間のこの関係のために、対照的な結果を示す。
本研究の目的は、どのタイプの運動トレーニングがHDLCレベルを上昇させることにより効果的かについて決定することになっていた。
合計40人の肥満男性(18-29歳の)は、4つの群にランダム化された:好気的な訓練グループ(n= 10)、レジスタンス・トレーニング群(n= 10)、複合運動トレーニング群(n= 10)と対照群(n= 10)。
12週の運動プログラムの後、生体測定学、血液生化学変数と体力構成要素は、試験開始時に得られるデータと比較された。
潜在的交絡因子のために調整されている間、重回帰分析は運動トレーニングの異なる型とHDLCの変化の間の関係を評価するのに用いられた。
対照群がコンパラトールとしてにあって、複合運動トレーニング群(β= 4.17、P < 0.0001)、好気的な訓練グループ(β= 3.65、P < 0.0001)とレジスタンス・トレーニング群(β= 2.10、P=0.0001)の効果が潜在的交絡因子のために調整された後にHDLCの増加と明らかに関係していたことを、成績は示した。
我々の所見は短期運動プログラムがHDLCレベル(単独で、有意にHDLCが平らにする増加を訓練しているいずれのエアロビクスまたは抵抗も)を上昇させることにおいて重要な役割を果たすことができることを示唆した、しかし、改善は合同の有酸素およびレジスタンス・トレーニングで最大である。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x