医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Anti-Inflammatory Effect of Exercise, Via Reduced Leptin Levels, in Obese Women with Down Syndrome.

Published date 2012 Nov 19

Anti-Inflammatory Effect of Exercise, Via Reduced Leptin Levels, in Obese Women with Down Syndrome.

減少したレプチン・レベルを経て、ダウン症候群の肥満女性における運動の抗炎症効果。

Published date

2012-11-19

Journal

Int J Sport Nutr Exerc Metab. 2012;

Author

Francisco Javier Ordoñez, Gabriel Fornieles-Gonzalez, Miguel Angel Rosety, Ignacio Rosety, Antonio Diaz, Manuel Rosety-Rodriguez

Affiliation

University of Cadiz, School of Sports Medicine, Cadiz, Spain.

Abstract

Recent studies have reported that obese young people with Down syndrome suffer from low-grade systemic inflammation. Whereas this condition may be improved in the general population by regular exercise, the problem has received no attention in the case of people with intellectual disability. Therefore, our aim was to assess the influence of aerobic training on plasma adipokines in obese women with Down syndrome. Twenty obese young women with Down syndrome volunteered for this study, eleven of whom were randomly assigned to a 10-week aerobic training programme. They attended 3 sessions/week, which consisted of warm-up exercises followed by the main activity on a treadmill (30-40 min) at a work intensity of 55-65% of peak heart rate, and ended with a cooling-down period. The control group included 9 women with Down syndrome matched for age, sex and BMI. Fat mass percentage and distribution were measured and plasma adipokine levels (leptin and adiponectin) were assessed. In addition, each participant performed a maximal graded continuous treadmill exercise test. These parameters were assessed pre- and post-intervention. This protocol was approved by an Institutional Ethics Committee. Aerobic training produced a significant increase in participants' VO2max (20.2±5.8vs.23.7±6.3ml/kg/min;p<0.001), and plasma leptin levels were significantly reduced in the intervention group (54.2±6.7vs.45.7±6.1ng/ml;p=0.026). Further significant correlations between plasma leptin and indices of obesity were found. In contrast, no significant changes were found in adiponectin levels (p>0.05). None of tested parameters changed in the control group. In conclusion, a 10-week training programme reduced leptin levels in obese young women with Down syndrome.

 

最近の研究は、ダウン症候群の肥満若年者が低悪性度全身性炎症を患うと報告した。
この状態が定期的な運動によって一般集団で改善される可能性があるのに対して、問題は知的な障害のある人々の場合注意を受けなかった。
従って、我々の目的は、有酸素訓練の影響をダウン症候群で肥満女性で血漿脂肪畜牛の上で評価することになっていた。
ダウン症候群の20人の肥満若い女性は本研究に志願した。
そして、そのうちの11人は10週間の好気的な訓練計画に無作為割付けされた。
彼らは3セッション/週(それはピークの心拍数の55-65%の作業強度で踏み車(30-40分)の上で主要な活性が続くウォームアップ・エクササイズから成った)に出席して、クーリングダウン期間で終わった。
対照群は、年齢、性とBMIのためにマッチされるダウン症候群で、9人の女性を含んだ。
体脂肪量パーセンテージと分布は測定された、そして、血漿脂肪畜牛レベル(レプチンとアディポネクチン)は評価された。
加えて、各参加者は、最大段階的な連続トレッドミル運動負荷試験を行った。
これらのパラメータは、評価された介入前後のであった。
このプロトコルは、組織の倫理委員会の承認を得た。
有酸素訓練は参加者のVO2max(20.2±5.8vs.23.7±6.3ml/kg/分;p < 0.001)の有意の増加をもたらした、そして、血漿レプチン・レベルは介入群(54.2±6.7vs.45.7±6.1ng/ml;p=0.026)で有意に低下した。
血漿レプチンと肥満指数の間の更なる有意の相関は、見つかった。
対照的に、有意な変化はアディポネクチン・レベル(p > 0.05)で見つからなかった。
検査されたパラメータのいずれも、対照群で変化しなかった。
結論として、10週間の訓練計画は、ダウン症候群で肥満若い女性でレプチン・レベルを低下させた。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x