医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Exercise Improves Quality of Life in Indigenous Polynesian Peoples with Type 2 Diabetes and Visceral Obesity.

運動は、2型糖尿病と内臓肥満で原住民のポリネシアの民族で生活の質を改善する。

Published date

2012-10-4

Journal

J Phys Act Health. 2012;

Author

William R Sukala, Rachel Page, Chris Lonsdale, Isabelle Lys, David Rowlands, Jeremy Krebs, Murray Leikis, Birinder Singh Cheema

Affiliation

School of Health and Human Sciences, Southern Cross University, Lismore, New South Wales, Australia.

Abstract

BACKGROUND: To evaluate the differential effect of two, group-based exercise modalities on quality of life (QoL) in indigenous Polynesian peoples with type 2 diabetes (T2DM) and visceral obesity. METHODS: Participants were randomized to resistance training or aerobic training performed three times per for 16 weeks. The Short-Form 36 was administered at baseline and post intervention to assess eight domains and physical and mental component scales (PCS and MCS) of QoL. RESULTS: With the exception of Mental Health and MCS, all scores were lower at baseline than general population norms. Significant improvements were documented in several QoL scores in each group post intervention. No group x time interactions were noted. Pooled analyses of the total cohort indicated significantly improved Physical Functioning, Role-Physical, Bodily Pain, General Health, Vitality, Role-Emotional, PCS and MCS. Adaptation ranged from 5-22%, and demonstrated a moderate-to-large effect (Cohen's d = 0.64-1.29). All measures of QoL increased to near equivalent, or greater than general norms. CONCLUSION: Exercise, regardless of specific modality, can improve many aspects of QoL in this population. Robust trials are required to investigate factors mediating improvements in QoL, and create greater advocacy for exercise as a QoL intervention in this and other indigenous populations with T2DM.

 

背景2(2型糖尿病(T2DM)と内臓肥満の原住民のポリネシアの民族における生活の質(QoL)の上の群ベースの運動方法)の示差効果を評価すること。
方法参加者は、16週の間当たり3回行われるレジスタンス・トレーニングまたは有酸素訓練にランダム化された。
Short-Form 36は、QoLの8つの領域と肉体的および精神的な構成要素尺度(PCSとMCS)を評価するために、ベースラインおよび柱介入で投与された。
結果Mental HealthとMCSを除いては、すべてのスコアは、試験開始時に、一般の集団基準より低かった。
有意な改善は、各群柱介入で数QoLスコアで記録された。
群x時間相互作用は、示されなかった。
全コホートのプール解析は、有意に向上した身体機能、役割身体的な、身体の痛み、公衆衛生、生命力、Role-Emotional、PCとMCSを示した。
順応は5-22%から変動して、適度な~大きい効果(コーエンのd = 0.64-1.29)を示した。
QoLのすべての計測は、ほとんど等価、または一般の基準まで増加した。
結論特殊な治療法に関係なく、運動はこの集団でQoLの多くの側面を改善することができる。
強い試験はQoLの改善を媒介している因子を調査することを要求されて、これへのQoL介入とT2DMをもつ他の固有の集団として運動のためにより大きな支持をつくる。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x