PubMed日本語 - 健常な若い軍新人における非対称の肥大の左室壁厚と存在:大きな心臓からのデータは、研究する。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Left Ventricular Wall Thickness and the Presence of Asymmetric Hypertrophy in Healthy Young Army Recruits: Data from the LARGE Heart Study.

健常な若い軍新人における非対称の肥大の左室壁厚と存在:大きな心臓からのデータは、研究する。

Published date

2013-1-10

Journal

Circ Cardiovasc Imaging. 2013;

Author

Phong T Lee, Marc R Dweck, Sparsh Prasher, Anoop Sv Shah, Steve E Humphries, Dudley J Pennell, Hugh E Montgomery, John R Payne

Affiliation

1Centre for Cardiovascular Science, University of Edinburgh, Edinburgh, UNITED KINGDOM.

Abstract

BACKGROUND: - To use cardiovascular magnetic resonance to investigate left ventricular (LV) wall thickness and the presence of asymmetric hypertrophy in young army recruits before and after a period of intense exercise training. METHODS AND RESULTS: - Using cardiovascular magnetic resonance the left ventricular wall thickness was measured in all 17-segments and a normal range calculated for each. The prevalence of asymmetric wall thickening was assessed before and after training and defined by a ventricular wall thickness ≥13.0 mm that was >1.5-times the thickness of the opposing myocardial segment. Five-hundred-and-forty-one males (mean age 20 ± 2) were recruited, 309 underwent repeat scanning. Considerable variation in wall thickness was observed across the ventricle with progressive thickening on moving from the apex to base (p<0.001) and in the basal and mid-cavity septum compared to the lateral wall (11.0 ± 1.4 mm vs. 10.1 ± 1.3 mm; p<0.001). Twenty-three percent had a maximal wall thickness ≥13.0mm, whilst the prevalence of asymmetric wall thickening increased from 2.2% to 10% following the exercise-training program. In those who developed asymmetry the wall thickness to diastolic volume ration remained normal (0.09 ± 0.02 mm x m(2) x ml(-1)) indicative of a remodelling response to exercise. CONCLUSIONS: - In a cohort of healthy young Caucasian males we have demonstrated that wall thickness frequently measures ≥13.0 mm and that asymmetric wall thickening is common and can develop as part of the physiological response to exercise. A diagnosis of hypertrophic cardiomyopathy in young athletic males should therefore not be made purely on the basis of regional wall thickening.

 

背景 - 調査する心臓血管磁気共鳴を使用することは、強度の運動トレーニングの期間の前後に、非対称の肥大の心室(LV)壁厚と存在を若い軍新人に残した。
方法と結果: - 心臓血管磁気共鳴を使用して、左室壁厚はすべての17-部分で計量された、そして、正常な範囲は各々のために算出した。
非対称の壁肥厚の有病率は、訓練の前後に評価されて、>1.5回であった心室壁厚≥13.0mmによって定義された対向した心筋断層像の厚み。
541人の男性(平均年齢20±2)は入れられた、309はリピート・スキャンを受けた。
壁厚の相当な変動は、ベース(p < 0.001)に、そして、外側壁と比較した基礎および半ばの-腔中隔で頂から移動することに、進行性肥厚で室全体に観察された(11.0±1.4mm対10.1±1.3mm;p < 0.001)。
非対称の壁肥厚の有病率が運動訓練計画の後、2.2%から10%まで増加した間、23パーセントは最大壁厚≥13.0mmを持った。
非対称を呈した人々において、拡張期心容積定量に対する壁厚は、運動へのリモデリング反応の正常な(0.09±0.02mmのx m(2)×ml(-1))直説法のままだった。
結論: - 健常な若い白色人種の男性のコホートにおいて、我々は、壁厚が≥13.0mmをしばしば計量する、そして、非対称の壁肥厚は普通にみられて、運動に生理反応の一部として発現することができることを証明した。
従って、若いスポーツマンタイプの男性における肥大型心筋症の診断は、局所の壁肥厚を基礎として単になされてはならない。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x