医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Efficacy and safety of oral treprostinil monotherapy for the treatment of pulmonary arterial hypertension: a randomized, controlled trial.

肺動脈高血圧症の治療のための経口treprostinil単独療法の有効性と安全性:無作為比較試験。

Published date

2013-01-10

Author

Zhi-Cheng Jing, Keyur Parikh, Tomas Pulido, Carlos Jerjes-Sanchez, R James White, Roblee Allen, Adam Torbicki, Kai-Feng Xu, David Yehle, Kevin Laliberte, Carl Arneson, Lewis J Rubin

Affiliation

Shanghai Pulmonary Hospital, Tongji University School of Medicine, No. 507 Zhengmin Rd, Yangpu District, Shanghai, China 20043. jingzhicheng@gmail.com

Abstract

BACKGROUND: Pulmonary arterial hypertension (PAH) is a progressive, fatal disease with no cure. Parenteral and inhaled prostacyclin analogue therapies are effective for the treatment of PAH, but complicated administration requirements can limit the use of these therapies in patients with less severe disease. This study was designed to evaluate the safety and efficacy of the oral prostacyclin analogue treprostinil diolamine as initial treatment for de novo PAH.

 

METHODS AND RESULTS: Three hundred forty-nine patients (intent-to-treat population) not receiving endothelin receptor antagonist or phosphodiesterase type-5 inhibitor background therapy were randomized (treprostinil, n=233; placebo, n=116). The primary analysis population (modified intent-to-treat) included 228 patients (treprostinil, n=151; placebo, n=77) with access to 0.25-mg treprostinil tablets at randomization. The primary end point was change from baseline in 6-minute walk distance at week 12. Secondary end points included Borg dyspnea index, clinical worsening, and symptoms of PAH. The week 12 treatment effect for 6-minute walk distance (modified intent-to-treat population) was 23.0 m (P=0.0125). For the intent-to-treat population, 6-minute walk distance improvements were observed at peak (26.0 m; P=0.0001) and trough (17.0 m; P=0.0025) plasma study drug concentrations. Other than an improvement in the combined 6-minute walk distance/Borg dyspnea score, there were no significant changes in secondary end points. Oral treprostinil therapy was generally well tolerated; the most common adverse events (intent-to-treat) were headache (69%), nausea (39%), diarrhea (37%), and pain in jaw (25%).

 

CONCLUSIONS: Oral treprostinil improves exercise capacity in PAH patients not receiving other treatment. Oral treprostinil could provide a convenient, first-line prostacyclin treatment option for PAH patients not requiring more intensive therapy.

 

CLINICAL TRIAL REGISTRATION: URL: http://www.clinicaltrials.gov. Unique identifier: NCT00325403.

 

背景肺動脈高血圧症(PAH)は、治癒のない進行性、致命的な疾患である。
腸管外および吸入されたプロスタシクリンの類似体療法はPAHの治療のために効果的である、しかし、複雑な投与要件はこれらの治療法の使用をより重篤でない疾患患者で制限することができる。
本研究は、新規のPAHの初回治療として経口プロスタシクリンの類似体treprostinil diolamineの安全性および有効性を評価するようになっていた。
方法と結果:エンドセリン受容体拮抗剤またはホスホジエステラーゼ型-5抑制薬背景治療を受けていない349例の患者(治療に対する意図集団)は、ランダム化された(treprostinil、n=233;プラセボ、n=116)。
第一義的分析集団(治療に対する変更された意図)は0.25-mg treprostinil錠剤への接近を有する228例の患者(treprostinil、n=151;プラセボ、n=77)をランダム化で含んだ。
主要エンドポイントは週12の6-分の道のり距離のベースラインからの変化であった。
6-分の道のり距離(変更された治療に対する意図集団)のための12の治療効果が23.0m(P=0.0125)であった週、副次的エンドポイントはPAH.のボルグ呼吸困難インデックス、臨床に悪化することと症状を含んだ。
治療に対する意図集団のために、6-分の道のり距離改善がピーク(26.0m; P=0.0001)とトラフ(17.0m; P=0.0025)血漿試験薬濃度で観察されたこと。
合わせた6-分の道のり距離/ボルグ呼吸困難スコアの改善以外の、有意な変化が副次的エンドポイントになかった。
経口treprostinil治療は通常、忍容性が高かった;最も頻度が高い有害事象(治療に対する意図)は頭痛(69%)、悪心(39%)、下痢(37%)と顎痛(25%)であった。
結論:経口treprostinilは、他の治療を受けていないPAH患者で、運動能力を改善する。
経口treprostinilは、便利な、第一選択プロスタシクリン治療の選択肢をより集中的な治療を必要としていないPAH患者に提供することができた。
臨床試験登録:URL:http://www.clinicaltrials.gov.ユニークな識別子:NCT00325403。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x