医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Decoding in Candidatus Riesia pediculicola, close to a minimal tRNA modification set?

Published date

Decoding in Candidatus Riesia pediculicola, close to a minimal tRNA modification set?

Candidatus Riesia pediculicolaで復号化している、セットされる最小のtRNAの修飾に近い?

Published date

Journal

. 2012; 7; 11-34;

Author

Valérie de Crécy-Lagard, Christian Marck, Henri Grosjean

Affiliation

Department of Microbiology and Cell Science, University of Florida, P.O. Box 110700, Gainesville, FL 32611-0700, USA.

Abstract

A comparative genomic analysis of the recently sequenced human body louse unicellular endosymbiont Candidatus Riesia pediculicola with a reduced genome (582 Kb), revealed that it is the only known organism that might have lost all post-transcriptional base and ribose modifications of the tRNA body, retaining only modifications of the anticodon-stem-loop essential for mRNA decoding. Such a minimal tRNA modification set was not observed in other insect symbionts or in parasitic unicellular bacteria, such as Mycoplasma genitalium (580 Kb), that have also evolved by considerably reducing their genomes. This could be an example of a minimal tRNA modification set required for life, a question that has been at the center of the field for many years, especially for understanding the emergence and evolution of the genetic code.

 

還元型ゲノム(582Kb)による最近配列決定されたヒト・コロモジラミ単細胞内部共生者Candidatus Riesia pediculicolaの比較のゲノム分析でそれがtRNA体のすべての転写後のベースとリボースの修飾を失ったかもしれない唯一の既知の生物であることが分かった。
そして、mRNA解読にアンチコドン-基部-ループ必要なものの変形だけを保持した。
セットされるそのような最小のtRNAの修飾は、他の昆虫共生生物で、または、それらのゲノムをかなり還元することによって進化もした寄生単細胞細菌で観察されなかった(例えば性器マイコプラズマ(580Kb))。
これは、特に遺伝暗号の出現と進化を理解するために生命(長年にわたって分野の中心にあった質問)のために必要とされてセットされる最小のtRNAの修飾の例でありえた。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x