医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Multiplex flow cytometry barcoding and antibody arrays identify surface antigen profiles of primary and metastatic colon cancer cell lines.

バーコード化している多重流動細胞計測法と抗体配列は、原発性および転移性の大腸癌細胞系の表面抗原側面を同定する。

Published date

2013-01-07

Author

Kumar Sukhdeo, Rosanto I Paramban, Jason G Vidal, Jeanne Elia, Jody Martin, Maricruz Rivera, Daniel R Carrasco, Awad Jarrar, Matthew F Kalady, Christian T Carson, Robert Balderas, Anita B Hjelmeland, Justin D Lathia, Jeremy N Rich

Affiliation

Department of Stem Cell Biology and Regenerative Medicine, Cleveland Clinic Lerner Research Institute, Cleveland, Ohio, United States of America ; Department of Pathology, Case Western Reserve University School of Medicine, Cleveland, Ohio, United States of America.

Abstract

Colon cancer is a deadly disease affecting millions of people worldwide. Current treatment challenges include management of disease burden as well as improvements in detection and targeting of tumor cells. To identify disease state-specific surface antigen signatures, we combined fluorescent cell barcoding with high-throughput flow cytometric profiling of primary and metastatic colon cancer lines (SW480, SW620, and HCT116). Our multiplexed technique offers improvements over conventional methods by permitting the simultaneous and rapid screening of cancer cells with reduced effort and cost. The method uses a protein-level analysis with commercially available antibodies on live cells with intact epitopes to detect potential tumor-specific targets that can be further investigated for their clinical utility. Multiplexed antibody arrays can easily be applied to other tumor types or pathologies for discovery-based approaches to target identification.

 

大腸癌は、世界的に何百万人も襲っている致命的な疾患である。
現在の治療チャレンジは、疾患の負担ならびに改善の管理を腫瘍細胞の検出とターゲッティングに含む。
疾患状態に特有の表面抗原署名を同定するために、我々は、高処理の流れで原発性および転移性の大腸癌線(SW480、SW620とHCT116)の血球計算プロファイリングをバーコード化している蛍光細胞を併合した。
我々の多重化技術は、減少した効果とコストで癌細胞の同時および迅速なスクリーニングができるようにすることによって、従来の方法について改善を提供する。
方法は、それらの臨床有用性のために更に調査されることができる潜在的腫瘍特異性の目標を検出するために、完全なエピトープで有効な細胞の上で市販の抗体でタンパク質-レベル分析を使用する。
多重化抗体配列は、目標同定の発見ベースの研究法のために、他の腫瘍型または病理に容易に適用されることができる。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x