PubMed日本語 - 異なる身体活動サブタイプと中高年の中国人におけるメタボリック症候群のリスク。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Different physical activity subtypes and risk of metabolic syndrome in middle-aged and older Chinese people.

異なる身体活動サブタイプと中高年の中国人におけるメタボリック症候群のリスク。

Published date

2013-01-07

Author

Mu Chen, Meian He, Xinwen Min, An Pan, Xiaomin Zhang, Ping Yao, Xiulou Li, Yuewei Liu, Jing Yuan, Weihong Chen, Li Zhou, Weimin Fang, Yuan Liang, Youjie Wang, Xiaoping Miao, Mingjian Lang, Peng Zhang, Dongfeng Li, Huan Guo, Handong Yang, Frank B Hu, Tangchun Wu

Affiliation

MOE Key Lab of Environment and Health, School of Public Health, Tongji Medical College, Huazhong University of Science and Technology, Wuhan, Hubei, China.

Abstract

BACKGROUND: The prevalence of metabolic syndrome (MetS) is growing rapidly in China. Tai chi and dancing are common types of exercise among middle-aged and elderly Chinese. It remains unclear whether these activities are associated with a lower risk of MetS.

 

METHODOLOGY/PRINCIPAL FINDINGS: A total of 15,514 individuals (6,952 men, 8,562 women) aged 50 to 70 years from the Dongfeng-Tongji Cohort in Shiyan, China participated in a cross-sectional study. Physical activity and other lifestyle factors were assessed with semi-structured questionnaires during face-to-face interviews. MetS was defined by the current National Cholesterol Education Program/Adult treatment Panel III criteria for Asian Americans. The prevalence of MetS was 33.2% in the study population. In the multivariable-adjusted logistic regression analyses, total physical activity levels were monotonically associated with a lower odds of MetS [OR 0.75 comparing extreme quintiles, 95% confidence interval (CI) 0.66-0.86, P<0.001]. Compared with non-exercisers in a specific exercise type, jogging (OR 0.82, 95% CI 0.68-1.00, P = 0.046), tai chi (OR 0.72, 95% CI 0.60-0.88, P<0.001), and dancing (OR 0.56, 95% CI 0.47-0.67, P<0.001) were associated with significantly lower odds of MetS. Furthermore, each 1-h/week increment in tai chi and dancing was associated with a 5% (95% CI 2%-9%) and a 9% (95% CI 6%, 12%) lower risk of MetS.

 

CONCLUSIONS/SIGNIFICANCE: Jogging, tai chi and dancing are associated with a significantly lower risk of having MetS in middle-aged and older Chinese. Future intervention studies should consider the role of jogging, tai chi and dancing in preventing MetS.

 

背景メタボリック症候群(MetS)の罹患率は、急速に中国で育っている。
太極拳とダンスは、中年および高齢の中国人の間の運動の一般の型である。
これらの活動がMetSの低いリスクと関係しているかどうかは、不明なままである。


方法/主体所見:合計15,514人の個人(6,952人の男性、8,562人の女性)が十堰で東豊-Tongjiコホートから50~70年で古くなって、中国は断面調査に参加した。
身体活動と他の生活様式因子は、向かい合っての面接の間、半構造化アンケートで評価された。
MetSは、アジアのアメリカ人の現在の米国コレステロール教育プログラム/成人治療盤III基準によって定義された。
MetSの有病率は、本試験の患者集団の33.2%であった。
多変量を調整したロジスティック回帰分析において、総身体活動レベルは、MetS[極度の五分位数(95%信頼区間(CI)0.66-0.86、P<0.001)を比較しているOR 0.75]の低い比率と単調に関係していた。
特異的な運動型の非運動用具と比較して、ジョギング(OR 0.82、95%CI 0.68-1.00、P = 0.046)、太極拳(OR 0.72、95%CI 0.60-0.88、P<0.001)とダンス(OR 0.56、95%CI 0.47-0.67、P<0.001)は、MetSの有意に低い比率と関係していた。
さらに、太極拳とダンスの各1時間/週間の増加は、5%(95%CI 2%-9%)とMetSの9%(95%CI 6%、12%)より低いリスクと関係していた。


結論/有意性:ジョギング、太極拳とダンスは、中高年の中国人でMetSを持つ有意に下の危険と関係している。
将来の介入研究は、MetSを予防する際に、ジョギング、太極拳とダンスの役割を考慮しなければならない。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x