医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Low formalin concentrations induce fine-tuned responses that are sex and age-dependent: a developmental study.

Published date 2013 Jan 7

Low formalin concentrations induce fine-tuned responses that are sex and age-dependent: a developmental study.

低いホルマリン濃度は、性で、年齢依存的である微調整された反応を誘発する:発達上の検査。

Published date

2013-01-07

Author

Ihssane Zouikr, Melissa A Tadros, Vicki L Clifton, Kenneth W Beagley, Deborah M Hodgson

Affiliation

Laboratory of Neuroimmunology, School of Psychology, University of Newcastle, Newcastle, New South Wales, Australia.

Abstract

The formalin test is increasingly applied as a model of inflammatory pain using high formalin concentrations (5-15%). However, little is known about the effects of low formalin concentrations on related behavioural responses. To examine this, rat pups were subjected to various concentrations of formalin at four developmental stages: 7, 13, 22, and 82 days of age. At postnatal day (PND) 7, sex differences in flinching but not licking responses were observed with 0.5% formalin evoking higher flinching in males than in females. A dose response was evident in that 0.5% formalin also produced higher licking responses compared to 0.3% or 0.4% formalin. At PND 13, a concentration of 0.8% formalin evoked a biphasic response. At PND 22, a concentration of 1.1% evoked higher flinching and licking responses during the late phase (10-30 min) in both males and females. During the early phase (0-5 min), 1.1% evoked higher licking responses compared to 0.9% or 1% formalin. 1.1% formalin produced a biphasic response that was not evident with 0.9 or 1%. At PND 82, rats displayed a biphasic pattern in response to three formalin concentrations (1.25%, 1.75% and 2.25%) with the presence of an interphase for both 1.75% and 2.25% but not for 1.25%. These data suggest that low formalin concentrations induce fine-tuned responses that are not apparent with the high formalin concentration commonly used in the formalin test. These data also show that the developing nociceptive system is very sensitive to subtle changes in formalin concentrations.

 

ホルマリン試験は、高いホルマリン濃度(5-15%)を使用している炎症性疼痛のモデルとして、ますます適用される。
しかしながら、ほとんど何も関連した行動反応に関して低いホルマリン濃度の効果についてわかっていない。
これを調べるために、ラットの子は、4つの発育段階でホルマリンのさまざまな集中を受けた:生後7、13、22と82日。
出産後の日(PND)7に、しりごむが、反応をなめないことでの性差は、男性で女性でより高くしりごむことを呼び起こしている0.5%のホルマリンで観察された。
0.5%のホルマリンも0.3%または0.4%のホルマリンと比較してより高度な惨敗反応をもたらしたという点で、用量反応は明白だった。
PND 13で、0.8%のホルマリンの濃度は、二相反応を引き起こした。
PND 22で、1.1%の集中は、より高くしりごんで、男性と女性で遅延相(10-30分)の間、反応をなめることを呼び起こした。
初期相(0-5分)の間、1.1%は、0.9%または1%のホルマリンと比較してより高度な惨敗反応を引き起こした。
1.1%のホルマリンは、0.9または1%で明白でなかった二相反応をもたらした。
PND 82で、ラットは1.25%でなく1.75%と2.25%間期の存在で、3つのホルマリン濃度(1.25%、1.75%と2.25%)に反応して、二相パターンを示した。
これらのデータは、低いホルマリン濃度がホルマリン試験で一般に使われる高いホルマリン濃度で明瞭でない微調整された反応を誘発することを示唆する。
これらのデータも、発育侵害受容システムがホルマリン濃度の微妙な変化に非常に影響されることを示す。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x