医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Contributions of biological tests and the 4 Ts score in the diagnosis of heparin induced thrombocytopenia.

Published date 2012 Sep 12

Contributions of biological tests and the 4 Ts score in the diagnosis of heparin induced thrombocytopenia.

生物学的試験の貢献とヘパリンの診断の4Tsスコアは、血小板減少を誘発した。

Published date

2012-09-12

Journal

Pan Afr Med J. 2012; 13; 9;

Author

Khalil Haouach, Brahim Admou, Pascal Lauriant, Laila Chabaa

Affiliation

Laboratory of hematology, Faculty of Medicine, Cadi Ayyad University, University Hospital, Marrakech, Morocco.

Abstract

INTRODUCTION: Heparin-induced thrombocytopenia (HIT) is an adverse drug reaction caused by antibodies to the heparin/platelet factor 4 (PF4) complexes. HIT diagnosis is challenging and depends on clinical presentation and laboratory tests. We investigated the interest of the combined use of 4 Ts score and the functional and immunological tests for the diagnosis of HIT.

 

METHODS: We analyzed 178 patients with suspected HIT, for which the 4 Ts score was calculated. Heparin-PF4 antibodies were detected by both Heparin-induced platelet activation test (HIPA) and Heparin platelet induced antibodies enzyme immunoassay.

 

RESULTS: Our results shown that in low probability group, 85% of plasmas were found negative versus 55.5% in the high probability group. On the other hand, 22.2% of patients were HIT positive in high probability group versus 0% in the low probability group.

 

CONCLUSION: These results confirmed that the negative predictive value of the HIT score was high. The 4T's model has demonstrated excellent sensitivity but its specificity was limited. The specificity of the functional and immunological test is high only in a context suggestive of HIT. Both methods should be considered complementary in the diagnostic strategy.

 

序論ヘパリンによって誘発された血小板減少(HIT)は、ヘパリン/血小板第4因子(PF4)複合体に抗体に起因する医薬品副作用である。
HIT診断は挑戦的で、臨床症状と臨床検査に依存する。
我々は、HITの診断のために、4Tsスコアと機能的なおよび免疫学的検査の併用法の関心を調査した。
方法我々は、HIT(4Tsスコアは算出された)が疑われる178例の患者を分析した。
ヘパリン-PF4抗体は両方のヘパリンによって誘発された血小板活性化検査(HIPA)によって検出された、そして、ヘパリン血小板は抗体エンザイムイムノアッセイを誘導した。
結果低い確率群において、血漿の85%が陰性であるとわかったことを明らかにされる我々の結果対高度な確率群の55.5%。
一方では、患者の22.2%は、高度な確率群で陽性HIT対低い確率群の0%であった。
結論これらの結果は、HITスコアの陰性予測値が高いことを確認した。
4Tは、モデルである優れた感度、しかし、その特異性が制限されたことを証明する。
機能的なおよび免疫学的検査の特異性は、HITで示唆的な脈絡だけで、高い。
両方の方法は、診断戦略で相補的であるとみなされなければならない。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x