医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Web-based family intervention for overweight children: a pilot study.

Published date 2013 Jan 11

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Web-based family intervention for overweight children: a pilot study.

肥満児のためのウェブ・ベースの家族の介入:予備的研究。

Published date

2013-01-11

Author

Alan M Delamater, Elizabeth R Pulgaron, Sheah Rarback, Jennifer Hernandez, Adriana Carrillo, Steven Christiansen, Herbert H Severson

Affiliation

Department of Pediatrics, University of Miami Miller School of Medicine, Miami, FL 33101, USA. adelamater@med.miami.edu

Abstract

BACKGROUND: Research has shown the efficacy of family-based behavioral interventions for overweight children, but a major difficulty is access to effective treatment programs. The objective of this study was to develop and test the initial feasibility and efficacy of a web-based family program for overweight 8- to 12-year-old children.

 

METHODS: A website was created using concepts from effective family-based behavioral programs and input from focus groups with overweight children, parents, and pediatricians. The website provided information about obesity and healthy lifestyles, assessment of dietary and physical activity habits, interactive dietary and physical activity games, and instruction in goal-setting and monitoring of goals. Children selected a dietary and physical activity goal and a daily step goal with pedometers. Feasibility and pilot testing over 4 weeks was conducted with 24 overweight children referred by a physician. Outcomes were z-BMI, healthy eating and physical activity, and intrinsic motivation and self-efficacy for weight control.

 

RESULTS: Mean number of logins over the study period was 11.4 for the study sample. Eighteen families (75%) returned for the follow-up assessment. Pre-post analyses for these participants showed improvements in intrinsic motivation, (p=0.05), self-efficacy (p=0.025), physical activity (p=0.005), and healthy lifestyle behaviors (p=0.001). Comparisons between high and low users of the program indicated that high users reduced their BMI while low users increased their BMI over time (p=0.02); high users also improved their dietary intake relative to low users (p=0.04). Consumer satisfaction ratings were high.

 

CONCLUSION: These pilot findings suggest this is a feasible approach for treatment of overweight children and that children who used the web program frequently improved their BMI and dietary intake.

 

背景研究は家族ベースの行動介入の有効性を肥満児のために示した、しかし、主要困難は有効な治療計画への接近である。
本研究の目的は、発達して、ウェブ・ベースの家族のプログラムの最初の実現可能性と有効性を太りすぎの8~12歳の小児を見つけるため検査することであった。


方法ウェブサイトは、肥満児、両親と小児科医と有効な家族ベースの行動プログラムとフォーカスグループからの入力から概念を使用してつくられた。
ウェブサイトは、肥満と健康的な生活様式に関する情報、食事のおよび身体活動習慣の評価、双方向食事のおよび身体活動ゲームと目標設定と目的のモニタリングについての指導を提供した。
小児は、歩数計で食事のおよび身体活動目的と日々のステップ目的を選択した。
4週にわたる実現可能性とパイロット試験は、医師によって紹介される24人の肥満児と行われた。
結果は、体重管理のためのz-BMI、好ましい摂食と身体活動と内因的な動機付けと自己効力であった。


結果研究期間にわたるログインの平均個数は、研究検体のための11.4であった。
18の家族(75%)は、引き続いての評価のために戻った。
これらの参加者のための前郵便分析は、内因性動機付け(p=0.05)の改善に自己効力(p=0.025)、身体活動(p=0.005)ともっともな生活様式習性(p=0.001)を示した。
プログラムの上下のユーザの間の比較は、低い使用者が時間とともにそれらのBMIを上昇させる(p=0.02)間、高度な使用者がそれらのBMIを低下させたことを示した;高度な使用者は、低い使用者(p=0.04)と関連して、それらの食事摂取量も改善した。
顧客満足評価は高かった。


結論これらのパイロット所見は、これが肥満児の治療のための可能なアプローチである、そして、しばしばウェブ・プログラムを使用した小児がそれらのBMIと食事摂取量を改善したことを示唆する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x