医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Association of beverage consumption with obesity in Mexican American children.

Published date 2013 Jan 11

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Association of beverage consumption with obesity in Mexican American children.

メキシコのアメリカの小児における肥満による飲料摂取の連合。

Published date

2013-1-11

Journal

Public Health Nutr. 2013; 1-7;

Author

Amy L Beck, Jeanne Tschann, Nancy F Butte, Carlos Penilla, Louise C Greenspan

Affiliation

1 Department of Pediatrics, University of California San Francisco, 3333 California Street - Suite 245, Box 0503, San Francisco, CA 94118, USA.

Abstract

OBJECTIVE: To determine the association of beverage consumption with obesity in Mexican American school-aged children. DESIGN: Cross-sectional study using the baseline data from a cohort study. Mothers and children answered questions about the frequency and quantity of the child's consumption of soda, diet soda, other sugar-sweetened beverages, 100 % fruit juice, milk and water. The questions were adapted from the Youth/Adolescent FFQ. Children were weighed and measured. Data were collected on the following potential confounders: maternal BMI, household income, maternal education, maternal occupational status, maternal acculturation, child physical activity, child screen time and child fast-food consumption. Logistic regression was used to examine the association between servings (240 ml) of each beverage per week and obesity (BMI ≥ 95th percentile). SETTING: Participants were recruited from among enrolees of the Kaiser Permanente Health Plan of Northern California. Data were collected via an in-home assessment. SUBJECTS: Mexican American children (n 319) aged 8-10 years. RESULTS: Among participants, 20 % were overweight and 31 % were obese. After controlling for potential confounders, consuming more servings of soda was associated with increased odds of obesity (OR = 1·29; P < 0·001). Consuming more servings of flavoured milk per week was associated with lower odds of obesity (OR = 0·88; P = 0·004). Consumption of other beverages was not associated with obesity in the multivariate model. CONCLUSIONS: Discouraging soda consumption among Mexican American children may help reduce the high obesity rates in this population.

 

目的メキシコのアメリカの学齢に達した小児で肥満で飲料摂取の関連を決定すること。
デザインコホート研究からベースライン・データを使用している断面調査。
母子は、ソーダ、ダイエットソーダ、他の糖加糖飲料、100%の果物液、乳と水の小児の消費の頻度と量についての質問に答えた。
問題は、ユース/青年期のFFQを変更して作られた。
小児は量られて、評価された。
データは、以下の潜在的交絡因子に関して集められた:母性BMI、世帯収入、母性教育、母性職業状態、母系性社会化、小児身体活動、小児スクリーン時間と小児ファーストフード消費。
ロジスティック回帰は、週と肥満(第95にはBMI≥パーセンタイル)当たり各飲料の盛り(240ml)の間の関係を調べるのに用いられた。
施設参加者は、北カリフォルニアのカイザーパーマネンテ健康保健組合のenroleesの中から入れられた。
データは、家庭内の評価を経て集められた。
被験者:メキシコのアメリカの小児(n 319)は、8-10年に経年処理を行った。
結果参加者の間で、20%は過体重であった、そして、31%は太りすぎだった。
潜在的交絡因子のために制御した後に、ソーダのより多くの盛りを消費することは、肥満の高まった確率と関係していた(OR = 1·29;P < 0·001)。
週当たり風味をつけた乳のより多くの盛りを消費することは、肥満の低いオッズと関係していた(OR = 0·88;P = 0·004)。
他の飲料の消費は、多変量モデルで肥満と関係していなかった。
結論:メキシコのアメリカの小児の間の思わしくないソーダ摂取は、この集団で高い肥満率を低下させるのを助ける可能性がある。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x