医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Antitrypanosomal compounds from the essential oil and extracts of Keetia leucantha leaves with inhibitor activity on Trypanosoma brucei glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase.

精油からの抗トリパノソーマ薬合成物とKeetia leucanthaからの抽出物は、Trypanosoma bruceiグリセルアルデヒド-3-リン酸塩デヒドロゲナーゼの上に、抑制薬活性とともに去る。

Published date

2013-01-11

Author

J Bero, C Beaufay, V Hannaert, M-F Hérent, P A Michels, J Quetin-Leclercq

Affiliation

Université catholique de Louvain, Louvain Drug Research Institute, Brussels, Belgium. joanne.bero@uclouvain.be

Abstract

Keetia leucantha is a West African tree used in traditional medicine to treat several diseases among which parasitic infections. The dichloromethane extract of leaves was previously shown to possess growth-inhibitory activities on Plasmodium falciparum, Trypanosoma brucei brucei and Leishmania mexicana mexicana with low or no cytotoxicity (>100 μg/ml on human normal fibroblasts) (Bero et al. 2009, 2011). In continuation of our investigations on the antitrypanosomal compounds from this dichloromethane extract, we analyzed by GC-FID and GC-MS the essential oil of its leaves obtained by hydrodistillation and the major triterpenic acids in this extract by LC-MS. Twenty-seven compounds were identified in the oil whose percentages were calculated using the normalization method. The essential oil, seven of its constituents and the three triterpenic acids were evaluated for their antitrypanosomal activity on Trypanosoma brucei brucei bloodstream forms (Tbb BSF) and procyclic forms (Tbb PF) to identify an activity on the glycolytic process of trypanosomes. The oil showed an IC(50) of 20.9 μg/ml on Tbb BSF and no activity was observed on Tbb PF. The best antitrypanosomal activity was observed for ursolic acid with IC(50) of 2.5 and 6.5 μg/ml respectively on Tbb BSF and Tbb PF. The inhibitory activity on a glycolytic enzyme of T. brucei, glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase (GAPDH), was also evaluated for betulinic acid, olenaolic acid, ursolic acid, phytol, α-ionone and β-ionone. The three triterpenic acids and β-ionone showed inhibitory activities on GAPDH with oleanolic acid being the most active with an inhibition of 72.63% at 20 μg/ml. This paper reports for the first time the composition and antitrypanosomal activity of the essential oil of Keetia leucantha. Several of its constituents and three triterpenic acids present in the dichloromethane leaves extract showed a higher antitrypanosomal activity on bloodstream forms of Tbb as compared to procyclic forms, namely geranyl acetone, phytol, α-ionone, β-ionone, ursolic acid, oleanolic acid and betulinic acid. The four last compounds were proven to be inhibitors of trypanosomal GAPDH, which may in part explain these antitrypanosomal activities.

 

ホロホロ鳥の若鳥状態leucanthaは、いくつかの疾患を治療する伝統的な薬剤で使われる西アフリカの木であるどの寄生虫感染。
葉からのジクロロメタン抽出物は、以前、最低または細胞毒性(ヒトの正常な線維芽細胞の>100μグラム/ミリリットル)(Beroその他2009、2011)ででなく熱帯熱マラリア原虫、ブルーストリパノソーマとメキシコ型メキシコリーシュマニアの上で発育阻害活性を所有することが示された。
このジクロロメタン抽出物からの抗トリパノソーマ薬居住区域の上の我々の調査の継続において、我々は、LC-MSによってこの抽出物でハイドロ蒸留と主要triterpenic酸によって得られるその葉の精油をGC-FIDとGC-MSによって分析した。
27の合成物は、パーセンテージが正常化方法を使用して算出された油で特定された。
精油、その構成要素の7つと3つのtriterpenic酸は、ブルーストリパノソーマ血流の形態(Tbb BSF)とプロ周期的形(Tbb PF)のそれらの抗トリパノソーマ薬活動がトリパノソーマ属の解糖プロセスで活性を同定するために評価された。
油はTbb BSFの上で20.9μグラム/ミリリットルのIC (50)を示した、そして、活性はTbb PFの上で観察されなかった。
最善の抗トリパノソーマ薬活動は、Tbb BSFとTbb PFの上でそれぞれ2.5と6.5μグラム/ミリリットルのIC (50)で、ウルソール酸について観測された。
T. brucei(グリセルアルデヒド-3-リン酸塩デヒドロゲナーゼ(GAPDH))の糖分解酵素の阻害活性は、ベツリン酸、olenaolic酸、ウルソール酸、フィトール、α-イオノンとβ-イオノンのためにも評価された。
3つのtriterpenic酸とβ-イオノンは、20μグラム/ミリリットルで72.63%の抑制で最も活性があるオレアノール酸で、GAPDHの上で阻害活性を示した。
本論文では、初めて組成とKeetia leucanthaの精油の抗トリパノソーマ薬活性を報告する。
その有権者の何人かとジクロロメタン葉抽出物に存在する3つのtriterpenic酸は、プロ周期的形状(すなわち、ゲラニル・アセトン、フィトール、α-イオノン、β-イオノン、ウルソール酸、オレアノール酸とベツリン酸)と比較すると、Tbbの血流形状の上で、より高度な抗トリパノソーマ薬活動を示した。
4つの最後の合成物はトリパノソーマのGAPDHの抑制薬であることを証明された。
そして、それはこれらの抗トリパノソーマ薬活動を部分的に説明する可能性がある。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x