PubMed日本語 - 頸部脊椎すべり症のためのバイオ吸収ネジでの転移関節固定。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Transarticular fixation with a bioabsorptive screw for cervical spondylolisthesis.

Published date 2013 Jan 9

Transarticular fixation with a bioabsorptive screw for cervical spondylolisthesis.

頸部脊椎すべり症のためのバイオ吸収ネジでの転移関節固定。

Published date

2013-01-09

Author

Kyongsong Kim, Toyohiko Isu, Tomoko Omura, Daijiro Morimoto, Shiro Kobayashi, Akira Teramoto

Affiliation

Department of Neurosurgery, Nippon Medical School, Tokyo, Japan.

Abstract

OBJECTIVE: Patients with cervical instability and intramedullary signal intensity changes on preoperative magnetic resonance imaging scans may benefit from not only cervical decompression but also from fusion surgery. Transarticular screw (TAS) fixation is a useful technique for posterior fixation. We first report treating a patient with cervical spondylosis and instability by cervical laminoplasty with TAS fixation using a bioabsorptive screw.

 

METHODS: A 66-year-old woman who had undergone surgery for carcinoma of the tongue via the anterior approach experienced cervical myelopathy. Radiologic findings showed severe cervical canal stenosis with myelomalacia and spondylolisthesis at C4/C5 with instability.

 

RESULTS: We performed laminoplasty of C3 to C7 and TAS fixation of C4/C5 using a bioabsorptive poly-L-lactide screw that contained hydroxyapatite. Her postoperative course was uneventful, and at 1 year after treatment we confirmed C4/C5 fusion.

 

CONCLUSIONS: Our method has advantages over metal instrumentation. The treated area can be evaluated with the use of magnetic resonance imaging, and the space left after screw absorption is filled by newly formed bone. Because our screw contains hydroxyapatite, it is osteoconductive. This may increase the fusion rate and induce substitution with new bone. To our knowledge this is the first patient treated by cervical posterior TAS fixation via the use of a bioabsorptive screw. Our method is safe and economical and free of the complications elicited by the use of metal parts. TAS fixation with a bioabsorptive screw may be appropriate for one fixation in patients without severe instability.

 

目的頸部不安定性を有する患者と術前磁気共鳴画像での髄内信号強度変化は、頸部減圧法からでなくだけ、しかし、融合手術からも利益を得る可能性がある。
転移関節ネジ(TAS)固定は、後部固定の役立つ技術である。
我々は、バイオ吸収ネジを用いてTAS固定で頸部椎弓形成術によって頚椎症と不安定性で患者を治療すると最初に報告する。


方法前方進入路を経て舌の癌腫手術を受けた66歳の女性は、頸部脊髄症を経験した。
X線所見は、不安定性でC4/C5で脊髄軟化症と脊椎すべり症で重篤な頸部脊柱管狭窄症を示した。


結果我々は、ハイドロキシアパタイトを含んだバイオ吸収ポリ-L-ラクチド・ネジを用いて、C7とC4/C5のTAS固定にC3の椎弓形成術を施行した。
彼女の術後経過は問題がなかった、そして、治療の後の1年に、我々はC4/C5融合を確認した。


結論:我々の方法には、金属器具類に勝る利点がある。
治療を受ける領域はMRIを用いて評価されることができる、そして、ネジ吸収の後残されるスペースは新しく形成された骨によって満たされる。
我々のネジがハイドロキシアパタイトを含むので、それは骨導通する。
これは融合率を上昇させる可能性があって、新しい骨で置換を誘導する可能性がある。
我々の知る限りでは、これは、バイオ吸収ネジの使用を経て頸部後部TAS固定によって治療される初の患者である。
我々の方法は安全なおよび無駄がないおよび金属部品を用いて誘発される合併症にかからない。
バイオ吸収ネジでのTAS固定は、重篤な不安定性なしで患者で1つの固定に適当である場合がある。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x