医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Treatment of Acute Stroke in Patients on Dabigatran: A Survey of US Stroke Specialists.

Published date 2013 Jan 10

Treatment of Acute Stroke in Patients on Dabigatran: A Survey of US Stroke Specialists.

ダビガトランの患者における急性脳卒中の治療:米国の脳卒中の専門医の調査。

Published date

2013-01-10

Author

Igor Rybinnik, Michael T Mullen, Steven Messe, Scott E Kasner, Brett Cucchiara

Affiliation

Department of Neurology at North Shore University Health System, Manhasset, NY.

Abstract

BACKGROUND: There are no guidelines for thrombolysis in stroke patients taking dabigatran, or dabigatran reversal strategies in patients with ICH. We sought to assess how vascular neurologists plan to care for these patients.

 

METHODS: An Internet-based questionnaire was sent to US board-certified vascular neurologists. Case scenarios for patients on dabigatran with acute ischemic stroke or ICH were presented; questions assessed preferred treatment strategies.

 

RESULTS: In all, 221 vascular neurologists responded. For a typical ischemic stroke patient eligible for intravenous (IV) tissue plasminogen activator (tPA) except for use of dabigatran (time of last dose unknown), 49% would not treat with tPA regardless of PTT, 28% would treat if PTT was normal, 9% would treat if PTT was less than 40 seconds, and 4% would treat regardless of PTT. Even more variability in responses was seen when presented with a normal PTT but variable times from last dabigatran dose. Between 8%-14% of respondents were not sure what they would do. For catheter-based thrombolysis, 25% indicated they would treat with IV tPA but would prefer catheter thrombolysis, 30% would use IV tPA and consider catheter thrombolysis as for any patient, 36% would only use catheter thrombolysis, and 9% would not use IV tPA or catheter thrombolysis. For a patient with dabigatran-associated ICH, 73% said they would attempt reversal of dabigatran with the following modalities: FFP 53%; factor VIIa 24%; prothrombin complex concentrates 61%; platelet transfusion 7%; and hemodialysis 24%.

 

CONCLUSIONS: There is a remarkable lack of consensus among vascular neurologists regarding the assessment and treatment of acute stroke patients on dabigatran.

 

背景ダビガトランを服用している脳卒中患者における血栓溶解のためのガイドラインまたはICHを有する患者におけるダビガトラン反転戦略がない。
我々は、脈管神経科医がどのようにこれらの患者を看護する予定か判断しようとした。
方法インターネット・ベースのアンケートは、米国の委員会認定の脈管神経科医に送られた。
急性虚血性脳卒中またはICHによるダビガトランの患者のための症例シナリオは、発表された;質問は、好ましい治療戦略を評価した。
結果全部で、221人の脈管神経科医は返答した。
ダビガトラン(最後の用量未知数の時間)の使用以外の静脈内(IV)組織プラスミノーゲン活性化因子(tPA)の資格がある典型的虚血性脳卒中患者では、PTTに関係なく、49%はtPAと交渉しない、PTTが正常である場合、28%は治療するだろう、PTTが40秒未満である場合、9%は治療するだろう、そして、PTTに関係なく、4%は治療する。
最後のダビガトラン用量から正常なPTTが可変的な時間以外にあって示されるとき、反応のより多くの変わりやすさは見られた。
彼らがすることは、回答者の8%-14%の間に、確かになかった。
カテーテル・ベースの血栓溶解のために、25%は、彼らが静注tPAと交渉するが、カテーテル血栓溶解を好む、30%が静注tPAを使用して、どんな患者に関してはでもカテーテル血栓溶解を考慮する、36%がカテーテル血栓溶解を使用するだけである、そして、9%が静注tPAまたはカテーテル血栓溶解を使用しないことを示した。
ダビガトラン関連のICHを有する患者では、73%は、彼らが以下の方法でダビガトランの反転を試みると言った:FFP 53%;因子VIIa 24%;プロトロンビン複合体は、61%に集中する;血小板輸血7%;そして、血液透析24%。
結論:コンセンサスの著明な不足が、ダビガトランによって評価と鋭い脳卒中患者の治療に関して脈管神経科医の間である。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x