医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Piperine decreases pilocarpine-induced convulsions by GABAergic mechanisms.

Published date 2013 Jan 11

Piperine decreases pilocarpine-induced convulsions by GABAergic mechanisms.

ピペリンは、GABA作動性の機序によってピロカルピンによって誘発された痙攣を減少させる。

Published date

2013-1-11

Author

Giovany Michely Pinto da Cruz, Cícero Francisco Bezerra Felipe, Fúlvio Alexandre Scorza, Marta Aline Coelho da Costa, Alinne Farias Tavares, Maria Luiza Feitosa Menezes, Geanne Matos de Andrade, Luzia Kalyne A M Leal, Gerly Anne C Brito, Maria da Graça Naffah-Mazzacoratti, Esper Abrão Cavalheiro, Glauce Socorro de Barros Viana

Affiliation

Faculty of Medicine Estácio of Juazeiro do Norte, FMJ, Ceará, Brazil.

Abstract

Piperine, an alkaloid present in the Piper genus, was shown to have an anticonvulsant activity, evaluated by the pilocarpine-induced model, in mice. Pilocarpine (350mg/kg, i.p.) was administered 30min after piperine (2.5, 5, 10 and 20mg/kg, i.p.) which significantly increased latencies to 1st convulsion and to death, and percentage of survivals. These parameters were also increased in the pilocarpine groups pretreated with atropine plus piperine (10 and 2.5mg/kg, respectively), as related to the pilocarpine group. However, they were not altered in the pilocarpine groups pretreated with memantine (a NMDA-type glutamate receptors blocker, 2mg/kg, p.o.) or nimodipine (a calcium channel blocker, 10mg/kg, p.o.), both associated with piperine (1 or 2.5mg/kg), as compared to the piperine plus pilocarpine group. Moreover, the pilocarpine group pretreated with diazepam (which binds to the GABA(A) receptor, 0.2 and 0.5mg/kg, i.p.) plus piperine (1 and 2.5mg/kg) significantly increased latency to the 1st convulsion, as related to the pilocarpine group, suggesting that the GABAergic system is involved with the piperine action. Furthermore, the piperine effect was blocked by flumazenil (2mg/kg, i.p.), a benzodiazepine antagonist. Untreated P350 animals showed decreased striatal DA and increased DOPAC and HVA levels that were not affected in the piperine plus pilocarpine groups. Piperine increased striatal levels of GABA, glycine and taurine, and reversed pilocarpine-induced increases in nitrite contents in sera and brain. Hippocampi from the untreated pilocarpine group showed an increased number of TNF-α immunostained cells in all areas, as opposed to the pilocarpine group pretreated with piperine. Taken together, piperine anticonvulsant effects are the result of its anti-inflammatory and antioxidant actions, as well as TNF-α reduction. In addition, piperine effects on inhibitory amino acids and on the GABAergic system may certainly contribute to the drug anticonvulsant activity.

 

ピペリン(パイパー膝に存在するアルカロイド)は、マウスで鎮痙性の活性(ピロカルピンによって誘発されたモデルで評価される)があることが示された。
ピロカルピン(350mg/kg、i.p.)ピペリン(2.5、5、10と20mg/kg、i.p.)の30分後に投与されたそしてそれは第1の痙攣に対する、そして、死亡に対する潜在性と生存者のパーセンテージを有意に上昇させた。
ピロカルピン群に関係があるように、これらのパラメータはアトロピン+ピペリン(それぞれ10と2.5mg/kg)で前処理されるピロカルピン群でも増加した。
しかしながら、彼らは、メマンチン(NMDAタイプ・グルタミン酸受容体遮断薬、2mg/kg、経口)で前処理されるピロカルピン群で変えられなかったまたはピペリン+ピロカルピン群と比較したニモジピン(Ca拮抗薬、10mg/kg、経口)、ピペリン(1または2.5mg/kg)に関連した両方とも。
さらに、ジアゼパム(それは、GABA(A)受容体、0.2と0.5mg/kg、i.p.と結合する)で前処理されるピロカルピン群+、ピロカルピン群に関係があるように、ピペリン(1と2.5mg/kg)は潜在性を第1の痙攣に有意に増やした、GABA作動性のシステムがピペリン・アクションと関係していることを示唆して。
さらにまた、ピペリン結果は、フルマゼニル(2mg/kg、i.p.)(ベンゾジアゼピン拮抗薬)によって妨害された。
未治療のP350動物は減少した線条体DAを示して、DOPACとピペリン+ピロカルピン群で影響を受けなかったHVAレベルを上昇させた。
ピペリンはGABA、グリシンとタウリンの線条体レベルを上昇させて、血清と脳で亜硝酸塩内容のピロカルピンによって誘発された増加を逆転させた。
ピペリンで前処理されるピロカルピン群とは対照的に、未処置のピロカルピン群からのヒッポカンポスは、すべての領域でTNF-α免疫染色された細胞の増加した数を示した。
まとめると、ピペリン鎮痙薬効果は、その抗炎症薬と抗酸化剤アクション(TNF-α減少と同様に)の結果である。
加えて、抑制性アミノ酸の、そして、GABA作動性のシステムのピペリン効果は、薬鎮痙薬活動に確実に関与する可能性がある。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x