医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Fine and coarse particulate air pollution in relation to respiratory health in Sweden.

スウェーデンの呼吸健康に関する微細なおよび粗い粒子性大気汚染。

Published date

2013-01-11

Author

Saskia M Willers, Charlotta Eriksson, Lars Gidhagen, Mats E Nilsson, Göran Pershagen, Tom Bellander

Affiliation

Karolinska Institutet, Stockholm.

Abstract

Health effects have repeatedly been associated with residential levels of air pollution. However, it is difficult to disentangle effects of long-term exposure to locally generated and long-range transported pollutants, as well as to exhaust emissions and wear particles from road traffic. We aimed to investigate effects of exposure to particulate matter fractions on respiratory health in the Swedish adult population, using an integrated assessment of sources at different geographical scales. The study was based on a nationwide environmental health survey performed in 2007, including 25,851 adults aged 18-80 years. Individual exposure to particulate matter at residential addresses was estimated by dispersion modelling of regional, urban and local sources. Associations between different size fractions or source categories and respiratory outcomes were analysed using multiple logistic regression, adjusting for individual and contextual confounding. Exposure to locally generated wear particles showed associations for blocked nose or hay fever, chest tightness or cough, and restricted activity days with odds ratios of 1.5-2 per 10-μg·m(-3) increase. Associations were also seen for locally generated combustion particles, which disappeared following adjustment for exposure to wear particles. In conclusion, our data indicate that long-term exposure to locally generated road wear particles increases the risk of respiratory symptoms in adults.

 

健康効果は、大気汚染の住居のレベルと繰り返し関係していた。
しかしながら、局所的に発生および長期の輸送された汚染物質に対する、ならびに排気ガスに対する長期の露出の効果を分離して、道路交通から粒子を着用することは、難しい。
我々は、異なる地理的尺度でソースの統合した評価を使用してスウェーデンの成人集団で呼吸健康に関して粒子状物質断片への暴露の効果を調査することを意図した。
本研究は、2007(18-80年の25,851人の成人を含む)年に行われる全国的な環境健康調査に基づいた。
住居のアドレスの粒子状物質への個々の暴露は、局所の、都会に住むおよび地域の関係者の分散モデリングによって推定された。
異なる大きさ分数の間の関係またはカテゴリーと呼吸結果がそうであったソースは複数のロジスティック回帰を使用することを分析した。
そして、個々および前後関係の交絡のために調整された。
局所的に発生する摩耗粒子への暴露は封鎖された鼻のために関連を示した、または、1 10-μg·m(-3)につき1.5-2のオッズ比による花粉症、胸部緊張または咳と制限された活性日数は増加する。
関連は局所的に発生する燃焼粒子についても参照された。
そして、それは粒子を着用するために暴露の調整後に消えた。
結論として、我々のデータは、局所的に発生する道ウェア粒子への長期の暴露が成人で呼吸器症状のリスクを増すことを示す。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x