PubMed日本語 - 左心耳閉鎖と結合する心房細動のための除去:事前調査の第1の結果。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Ablation for atrial fibrillation in combination with left atrial appendage closure: first results of a feasibility study.

左心耳閉鎖と結合する心房細動のための除去:事前調査の第1の結果。

Published date

2012-10-25

Author

Martin J Swaans, Martijn C Post, Benno J W M Rensing, Lucas V A Boersma

Affiliation

Department of Cardiology, St. Antonius Hospital, Nieuwegein, the Netherlands. m.swaans@antoniusziekenhuis.nl

Abstract

BACKGROUND: Drug-refractory atrial fibrillation (AF) increasingly is being treated with catheter ablation. However, the long-term success rate, expressed as freedom from AF, is <50%. Therefore, vitamin K antagonists, with all their complications, remain necessary. Recently, left atrial appendage (LAA) occlusion devices were introduced as an alternative to vitamin K antagonists. Here, we investigated whether AF ablation and LAA occlusion could be a feasible and safe combination in patients with symptomatic drug-refractory AF and a CHADS(2) score ≥1 or a contraindication for vitamin K antagonists.

 

METHODS AND RESULTS: Ablation was performed by using multielectrode catheters with phased radiofrequency energy. LAA was occluded with the Watchman device (Atritech, Inc, Plymouth, MN). Between February 2010 and February 2011, 30 patients were treated (21 male; age, 62.8±8.5 years). Median CHADS(2) score was 2.5 (25th to 75th percentiles: 2 to 3), median CHADS-VASc score was 3 (25th to 75th percentiles: 3 to 5), 77% had prior stroke, and 27% had a contraindication for vitamin K antagonists. Median HAS-BLED score was 2 (range, 1 to 5). Successful device implantation was achieved with a median number of 1.5 devices (median diameter 24 mm [25th to 75th percentiles: 24 to 24 mm]). Total procedure time was 97 minutes (25th to 75th percentiles: 75 to 115 minutes). At 60 days, all patients met the criteria for successful sealing. Follow-up visit at 12 months showed a 30% rate of documented recurrence of AF. A repeated pulmonary vein isolation was performed successfully in 4 patients, without interference of the LAA closure device. No thromboembolic events occurred during 1-year follow-up.

 

CONCLUSION: LAA occlusion with the Watchman device and AF ablation can be combined successfully and safely in a single procedure. The Watchman does not interfere with a repeated ablation.

 

背景薬不応性心房細動(AF)は、カテーテルアブレーションでますます治療されている。
しかしながら、長期の成功率(AFの解放として表される)は、<50%である。
従って、ビタミンKアンタゴニストは、すべてのそれらの合併症で、必要なままである。
近年では、左心耳(LAA)閉塞装置は、ビタミンKアンタゴニストに代わるものとして先導された。
ここでは、我々は、AF除去とLAA閉塞が徴候的な薬不応性AFとCHADS(2)スコア≥1を有する患者における可能および安全な組合せかビタミンKアンタゴニストのための禁忌でありえるかどうか調査した。


方法と結果:切断は、段階的な高周波エネルギーでマルチ電極カテーテルを用いて施行された。
LAAは、ウォッチマン装置(Atritech社、MN州プリマス市)で閉塞した。
2010年2月と2011年2月の間に、30例の患者は、治療された(21人の男性;年齢、62.8±8.5年)。
CHADS(2)スコアの中央値は2.5(25~75パーセンタイルめ:2~3)であった、CHADS-VAScスコアの中央値は3(25~75パーセンタイルめ:3~5)であった、77%で以前の脳卒中が認められた、そして、27%でビタミンKアンタゴニストのために禁忌が認められた。
HAS-BLEDスコアの中央値は、2(1~5の範囲で)であった。
成功した装置埋め込みは、1.5台の装置(直径24mm[25~75パーセンタイルめ:24~24mm]の中央値)の数の中央値で成し遂げられた。
全体の処置時間は、97分(25~75パーセンタイルめ:75~115分)であった。
60日に、すべての患者は、成功した封着の基準を満たした。
12ヵ月の引き続いての訪問は、AFの文書化された再発の30%の率を示した。
LAA閉鎖装置の干渉なしで、反復肺静脈隔離術は、4例の患者でうまく施行された。
血栓塞栓症イベントは、1年の追跡調査の間、起こらなかった。


結論ウォッチマン装置とAF剥離を伴うLAA閉塞は、うまく、そして、問題なく、一回の処置に組み込まれることができる。
ウォッチマンは、反復除去を邪魔しない。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x