医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Complete Remission of Methotrexate-Related Epstein-Barr-Virus-Associated Hodgkin-Like Lymphoma following Withdrawal of MTX Coupled with Clarithromycin Administration.

MTXの撤回後のメトトレキセート関連のイプシュタイン-バー-ウイルス関連のホジキン様のリンパ腫の完全寛解は、クラリスロマイシンの投与で接続した。

Published date

2012-12-19

Author

Nobuo Takemori, Hiroyuki Kaneko, Masaya Nakamura, Masaru Kojima

Affiliation

Division of Hematology, Department of Internal Medicine, Imai Hospital, Tanaka-cho 100, Ashikaga, Tochigi 326-0822, Japan.

Abstract

Patients with rheumatoid arthritis (RA) are known to develop lymphoproliferative disorders (LPDs) during the course of illness, particularly in cases treated with methotrexate (MTX) for long periods. We describe a case of MTX-related Epstein-Barr-virus-(EBV-) associated LPD resembling Hodgkin's lymphoma (HL), in which a dramatic complete remission was achieved after withdrawal of MTX coupled with clarithromycin (CAM) administration. Withdrawal of MTX coupled with CAM administration seemed to be effective for treating MTX-related EBV-associated LPDs. In particular, an immunomodulative effect of CAM might have been involved in achieving complete remission.

 

関節リウマチ(RA)患者が、特に長期間メトトレキセート(MTX)を用いた治療を受ける症例で、疾患の経過中にリンパ増殖性疾患(LPD)を現すということは、知られている。
我々はホジキンリンパ腫(HL)に似ているMTX関連のイプシュタイン-バー-ウイルス-(EBV-)関連のLPDの症例を解説する。
そこにおいて、劇的な完全寛解はクラリスロマイシン(CAM)の投与に結合するMTXの撤回の後成し遂げられた。
CAM投与に結合するMTXの撤回は、MTX関連のEBV関連のLPDを治療するために効果的なようだった。
特に、CAMのimmunomodulative効果は、完全寛解を成し遂げることに関係していたかもしれない。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x