医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Rehabilitation of a surgically repaired rupture of the distal biceps tendon in an active middle aged male: a case report.

アクティブ中年の雄における遠位二頭筋腱の外科的に治療された破裂のリハビリテーション:症例報告。

Published date

Journal

Int J Sports Phys Ther. 2012; 7; 663-71;

Author

Aaron Horschig, Stephen P Sayers, Tom Lafontaine, Scott Scheussler

Affiliation

Boost Physical Therapy and Sport Performance, Kansas City, Missouri, USA.

Abstract

BACKGROUND: Complete rupture of the distal tendon of the biceps brachii is relatively rare and there is little information to guide therapists in rehabilitation after this injury. The purposes of this case report are to review the rehabilitation concepts used for treating such an injury, and discuss how to modify exercises during rehabilitation based on patient progression while adhering to physician recommended guidelines and standard treatment protocols.

 

CASE PRESENTATION: The patient was an active 38-year old male experienced in weight-training. He presented with a surgically repaired right distal biceps tendon following an accident on a trampoline adapted with a bungee suspension harness. The intervention focused on restoring range of motion and strengthening of the supporting muscles of the upper extremity without placing undue stress on the biceps brachii.

 

OUTCOMES: The patient was able to progress from a moderate restriction in ROM to full AROM two weeks ahead of the physician's post-operative orders and initiate a re-strengthening protocol by the eighth week of rehabilitation. At the eighth post-operative week the patient reported no deficits in functional abilities throughout his normal daily activities with his affected upper extremity.

 

DISCUSSION: The results of this case report strengthen current knowledge regarding physical therapy treatment for a distal biceps tendon repair while at the same time providing new insights for future protocol considerations in active individuals. Most current protocols do not advocate aggressive stretching, AROM, or strengthening of a surgically repaired biceps tendon early in the rehabilitation process due to the fear of a re-rupture. In the opinion of the authors, if full AROM can be achieved before the 6(th) week of rehabilitation, initiating a slow transition into light strengthening of the biceps brachii may be possible.

 

LEVEL OF EVIDENCE: 4-Single Case report.

 

背景上腕二頭筋の遠位腱の完全な破裂は比較的まれである、そして、ほとんど情報がこの損傷の後リハビリテーションでセラピストを案内するためにない。
この症例報告の目的は、そのような損傷を治療するために使われるリハビリテーション概念を概説することになっていて、医師に付着することがガイドラインと標準治療手順を推奨する間患者進行に基づくリハビリテーションの間、エクササイズを修正する方法を検討する。
症例提示:患者は、ウェイト・トレーニングに感じられる活発な38歳の男性であった。
彼は、バンジー停止ハーネスで構成されるトランポリンの上で、アクシデントの結果外科的に修復された右の遠位二頭筋腱を呈した。
介入は、過度のストレスを上腕二頭筋に配置することなく可動域と上肢の支える筋肉の強化を復元することに集中した。
結果:患者は、医師の手術後の命令に2週先行しROMの適度な規制から完全なAROMへ進歩して、リハビリテーションの8週めで再増強プロトコルを開始することが可能だった。
8手術後の週めに、患者は彼の影響を受けた上肢で彼の正常な日常活動の全体を通じて機能的な能力で欠乏を報告しなかった。
討論活発な個人で新しい洞察を将来のプロトコル上の問題に提供すると同時に、この症例報告の結果は遠位二頭筋腱修復のために理学療法治療に関して現在の知識を強化する。
大部分の現在のプロトコルは、再破裂の恐れのため、リハビリテーション・プロセスの初期に、攻撃的ストレッチ、AROMまたは外科的に修復された二頭筋腱の強化を主唱しない。
著者の意見において、完全なAROMがリハビリテーションの6(th)週以前に達成されることができる場合、上腕二頭筋を軽く強くすることに緩徐移行を開始することができる場合がある。
証拠のレベル:4単一ケース報告。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x