医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Exon Skipping of Hepatic APOB Pre-mRNA With Splice-switching Oligonucleotides Reduces LDL Cholesterol In Vivo.

Published date 2013 Jan 15

Exon Skipping of Hepatic APOB Pre-mRNA With Splice-switching Oligonucleotides Reduces LDL Cholesterol In Vivo.

スプライス切換オリゴヌクレオチドとともに肝APOB前mRNAのスキップしているエキソンは、生体内でLDLコレステロールを還元する。

Published date

2013-1-15

Author

Petra Disterer, Raya Al-Shawi, Stephan Ellmerich, Simon N Waddington, James S Owen, J Paul Simons, Bernard Khoo

Affiliation

1] Institute for Liver and Digestive Health, Division of Medicine, UCL, London, UK [2] Endocrinology, Division of Medicine, UCL, London, UK.

Abstract

Familial hypercholesterolemia (FH) is a genetic disorder characterized by extremely high levels of plasma low-density lipoprotein (LDL), due to defective LDL receptor-apolipoprotein B (APOB) binding. Current therapies such as statins or LDL apheresis for homozygous FH are insufficiently efficacious at lowering LDL cholesterol or are expensive. Treatments that target APOB100, the structural protein of LDL particles, are potential therapies for FH. We have developed a series of APOB-directed splice-switching oligonucleotides (SSOs) that cause the expression of APOB87, a truncated isoform of APOB100. APOB87, like similarly truncated isoforms expressed in patients with a different condition, familial hypobetalipoproteinemia, lowers LDL cholesterol by inhibiting very low-density lipoprotein (VLDL) assembly and increasing LDL clearance. We demonstrate that these "APO-skip " SSOs induce high levels of exon skipping and expression of the APOB87 isoform, but do not substantially inhibit APOB48 expression in cell lines. A single injection of an optimized APO-skip SSO into mice transgenic for human APOB resulted in abundant exon skipping that persists for >6 days. Weekly treatments generated a sustained reduction in LDL cholesterol levels of 34-51% in these mice, superior to pravastatin in a head-to-head comparison. These results validate APO-skip SSOs as a candidate therapy for FH.Molecular Therapy (2013); doi:10.1038/mt.2012.264.

 

結合している不完全なLDL受容体-アポリポ蛋白質B(APOB)のため、家族性高コレステロール血症(FH)は、血漿低密度リポタンパク質(LDL)の極度に高いレベルによって特徴づけられる遺伝病である。
スタチンのような現在の治療法またはホモ接合FHのためのLDL除去療法は、LDLコレステロールを降ろすことで不十分に有効であるか、高価である。
APOB100(LDL粒子の構造蛋白質)を目標とする治療は、FHの潜在的治療法である。
我々は、APOB87(APOB100の切り詰めたアイソフォーム)の発現を引き起こす一連のAPOBに誘導されたスプライス切換オリゴヌクレオチド(SSOs)を開発した。
同じように切り詰めたアイソフォームが異なる状態(家族性低βリポ蛋白症)患者を中で表したように、APOB87はまさしく低密度リポタンパク質(VLDL)組立てを禁止して、LDLクリアランスを増加させることによってLDLコレステロールを降ろす。
我々は、これらの「APO-スキップ」SSOsがスキップしているエキソンの高レベルとAPOB87アイソフォームの発現を誘発するが、細胞系のAPOB48表現を実質的には阻害しないことを証明する。
ヒトAPOBのためにトランスジェニック・マウスへの最適化されたAPO-スキップSSOの単回投与は、>6日の間持続する大量のエキソン読み飛ばしに帰着した。
毎週の治療は、これらのマウス(一対一の比較のプラバスタチンに上)で、34-51%のLDLコレステロール値の持続性減少を起こした。
これらの結果は、FH.Molecular治療(2013)のための候補治療として、分離スキップSSOsを確認する;doi:10.1038/mt.2012.264。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x