医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Molecular targeted therapies in advanced gastric cancer: does tumor histology matter?

Published date

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Molecular targeted therapies in advanced gastric cancer: does tumor histology matter?

進行した胃癌の分子標的治療:腫瘍組織学は重要か?

Published date

Author

Hilda Wong, Thomas Yau

Affiliation

Division of Hematology and Medical Oncology, Department of Medicine, Queen Mary Hospital, Hong Kong.

Abstract

It is increasingly recognized that gastric cancer is a heterogeneous disease which may be divided into subgroups based on histological, anatomical, epidemiological and molecular classifications. Distinct molecular drivers and tumor biology, and thus different treatment targets and predictive biomarkers, may be implicated in each subtype. However, there is little evidence in the literature regarding the correlation among these different classifications, and particularly the molecular aberrations present in each subtype. In this review, we approach advanced gastric cancer (AGC) by presenting aberrant molecular pathways and their potential therapeutic targets in gastric cancer according to histological and anatomical classification, dividing gastric cancer into proximal nondiffuse, distal nondiffuse and diffuse disease. Several pathways are involved predominantly, although not exclusively, in different subtypes. This may help to explain the disappointing results of many published AGC trials in which study populations were heterogeneous regardless of clinicopathological characteristics of the primary tumor. Histological and anatomical classification may provide insights into tumor biology and facilitate selection of an enriched patient population for targeted agents in future studies and in the clinic. However, some molecular pathways implicated in gastric cancer have not been studied in correlation with histological or anatomical subtypes. Further studies are necessary to confirm the suggestion that such classification may predict tumor biology and facilitate selection of an enriched patient population for targeted agents in future studies and in the clinic.

 

胃癌が組織学的、解剖学的、疫学的および分子分類に基づくサブグループに分けられる可能性がある異種起源疾患であるとますます認められる。
異なった分子ドライバーと腫瘍生物学(そして、このように異なる治療目標と予測生物マーカー)は、各サブタイプに関係する可能性がある。
しかしながら、ほとんど証拠がこれらの異なる分類の間に相関に関して文献でない、そして、特に分子精神錯乱は各サブタイプで現れる。
このレビューにおいて、我々は組織学的および解剖学的分類によって胃癌で迷走分子経路とそれらの潜在的治療的な目標を示すことによって進行した胃癌(AGC)に接近する。
そして、胃癌を近位非びまん性、遠位非びまん性およびびまん性疾患に分ける。
排他的にであるけれども、いくつかの経路は支配的に異なるサブタイプに関係している。
これは、原発腫瘍の臨床病理特徴に関係なく研究集団が異種起源だった多くの発表されたAGC試験の期待外れの結果を説明するのを助ける可能性がある。
組織学的および解剖学的分類は、腫瘍生物学に対する洞察を提供する可能性があって、将来の研究で、そして、クリニックで目標とされた薬剤のために豊かな患者集団の選択を容易にする可能性がある。
しかしながら、胃癌に関係する若干の分子経路は、組織学的であるか解剖学的サブタイプで、相関でよく見られなかった。
更なる研究は、そのような分類が腫瘍生物学を予測する可能性があって、将来の研究で、そして、クリニックで目標とされた薬剤のために豊かな患者集団の選択を容易にする可能性があるという示唆を確認するのに必要である。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x