PubMed日本語 - 小児結核性髄膜炎のまれな合併症前上腕関節窩の不安定性。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

A rare complication of tuberculous meningitis pediatric anterior glenohumeral instability.

Published date 2012 Dec 17

A rare complication of tuberculous meningitis pediatric anterior glenohumeral instability.

小児結核性髄膜炎のまれな合併症前上腕関節窩の不安定性。

Published date

2012-12-17

Author

Kerem Bilsel, Mehmet Erdil, Mehmet Elmadag, Hasan H Ceylan, Derya Celik, Ibrahim Tuncay

Affiliation

Department of Orthopaedics and Traumatology, Medical Faculty Hospital, Bezmialem Vakif University, Fatih, 34093 Istanbul, Turkey.

Abstract

Dislocation and instability of the shoulder joint are rare occurrences in childhood. Traumatic, infectious, congenital, and neuromuscular causes of pediatric recurrent shoulder dislocations are reported before. Central nervous system infection in infancy may be a reason for shoulder instability during childhood. This situation, which causes a disability for children, can be treated successfully with arthroscopic stabilization of the shoulder and postoperative effective rehabilitation protocols. Tuberculous meningitis may be a reason for neuromuscular shoulder instability. We describe a 12-year-old child with a recurrent anterior instability of the shoulder, which developed after tuberculous meningitis at 18 months of age. We applied arthroscopic treatment and stabilized the joint.

 

肩関節の脱臼と不安定性は、小児期における珍しい出来事である。
小児再発性肩の脱臼の外傷、感染性、先天的なおよび神経筋原因は、報告される。
幼少の中枢神経系感染は、小児期の間の肩不安定性の理由である場合がある。
この状況(それは小児に障害を引き起こす)は、うまく肩と術後有効なリハビリテーション・プロトコルの関節鏡の安定化で扱われることができる。
結核性髄膜炎は、神経筋肩不安定性の理由である場合がある。
我々は肩の再発性前不安定性で12歳の小児を解説する。
そして、それは生後18ヵ月で結核性髄膜炎の後発現した。
我々は関節鏡の治療を適用して、関節を安定させた。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x