医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Hand robotics rehabilitation: feasibility and preliminary results of a robotic treatment in patients with hemiparesis.

手ロボット工学リハビリテーション:片側不全麻痺患者におけるロボット治療の実現可能性と予備結果。

Published date

2012-12-26

Author

Patrizio Sale, Valentina Lombardi, Marco Franceschini

Affiliation

Department of Neurorehabilitation, IRCCS San Raffaele Pisana, Via della Pisana 234, 00163 Rome, Italy.

Abstract

Background. No strongly clinical evidence about the use of hand robot-assisted therapy in stroke patients was demonstrated. This preliminary observer study was aimed at evaluating the efficacy of intensive robot-assisted therapy in hand function recovery, in the early phase after a stroke onset. Methods. Seven acute ischemic stroke patients at their first-ever stroke were enrolled. Treatment was performed using Amadeo robotic system (Tyromotion GmbH Graz, Austria). Each participant received, in addition to inpatients standard rehabilitative treatment, 20 sessions of robotic treatment for 4 consecutive weeks (5 days/week). Each session lasted for 40 minutes. The exercises were carried out as follows: passive modality (5 minutes), passive/plus modality (5 minutes), assisted therapy (10 minutes), and balloon (10 minutes). The following impairment and functional evaluations, Fugl-Meyer Scale (FM), Medical Research Council Scale for Muscle Strength (hand flexor and extensor muscles) (MRC), Motricity Index (MI), and modified Ashworth Scale for wrist and hand muscles (AS), were performed at the beginning (T0), after 10 sessions (T1), and at the end of the treatment (T2). The strength hand flexion and extension performed by Robot were assessed at T0 and T2. The Barthel Index and COMP (performance and satisfaction subscale) were assessed at T0 and T2. Results. Clinical improvements were found in all patients. No dropouts were recorded during the treatment and all subjects fulfilled the protocol. Evidence of a significant improvement was demonstrated by the Friedman test for the MRC (P < 0.0123). Evidence of an improvement was demonstrated for AS, FM, and MI. Conclusions. This original rehabilitation treatment could contribute to increase the hand motor recovery in acute stroke patients. The simplicity of the treatment, the lack of side effects, and the first positive results in acute stroke patients support the recommendations to extend the clinical trial of this treatment, in association with physiotherapy and/or occupational therapy.

 

背景脳卒中患者における手ロボットによって援助された治療の使用についての強く臨床証拠は、示されなかった。
脳卒中発症の後の初期相において、この予備観察者検査は、手機能回復で集中的なロボットによって援助された治療の有効性を評価することを目的とした。
方法それらの初めての脳卒中の7例の急性虚血性脳卒中患者は、登録された。
治療は、アマディオ・ロボット・システム(Tyromotion社オーストリア国グラーツ市)を使用して行われた。
受け取った各参加者、復権させる入院患者標準に加えて治療、4週(5日/週)連続間のロボット治療の20のセッション。
各セッションは、40分の間続いた。
エクササイズは、以下の通りに行われた:受動的な方法(5分)、受動的な/プラスの方法(5分)、助けられた治療(10分)とバルーン(10分)。
以下の機能障害と機能的な評価(Fugl-マイヤー・スケール(FM)、筋力(手屈筋側と伸筋)(MRC)のための医療審議会スケール、Motricityインデックス(MI)と手首と手部の筋肉(AS)のための変更されたアッシュワース・スケール)は、始め(T0)で、10のセッション(T1)の後、そして、治療(T2)終了後行われた。
ロボットで行われる強さ手屈曲と牽引は、T0とT2と評価された。
バーテル指数とCOMP(成績と満足感サブスケール)は、T0とT2と評価された。
結果臨床状態の改善は、すべての患者で見つかった。
ドロップアウトは治療の間、記録されなかった、そして、すべての被験者はプロトコルを満たした。
有意な改善の所見は、MRC(P < 0.0123)のために、フリードマン妊娠試験法によって示された。
改善の所見は、AS、FMとMIのために示された。
結論。
この最初のリハビリ治療は、鋭い脳卒中患者で手運動回復を増加させるために貢献することができた。
物理療法および/または作業療法に関連して、治療の単純性、副作用の不足と鋭い脳卒中患者における第1の陽性結果は、この治療の臨床試験を延長するために、勧告を支持する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x