医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Coronary Artery Spasm Related to Thiol Oxidation and Senescence Marker Protein-30 in Aging.

Published date 2013 Feb 19

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Coronary Artery Spasm Related to Thiol Oxidation and Senescence Marker Protein-30 in Aging.

冠動脈攣縮は、老化でチオール酸化と老化標識タンパク質-30に関するものだった。

Published date

2013-2-19

Journal

Antioxid Redox Signal. 2013;

Author

Shinya Yamada, Shu-Ichi Saitoh, Hirofumi Machii, Hiroyuki Mizukami, Yasuto Hoshino, Tomofumi Misaka, Akihito Ishigami, Yasuchika Takeishi

Affiliation

1 Department of Cardiology and Hematology, Fukushima Medical University , Fukushima, Japan .

Abstract

Abstract Background: Senescence marker protein-30 (SMP30) decreases with aging, and SMP30 knockout (KO) mice show a short life with increased oxidant stress. Aims: We assessed the effect of oxidant stress with SMP30 deficiency in coronary artery spasm and clarify its underlying mechanisms. Results: We measured vascular responses to acetylcholine (ACh) and sodium nitroprusside (SNP) of isolated coronary arteries from SMP30 KO and wild-type (WT) mice. In SMP30 KO mice, ACh-induced vasoconstriction occurred, which was changed to vasodilation by dithiothreitol (DTT), a thiol-reducing agent. However, N(ω)-nitro-l-arginine-methyl ester, nitric oxide (NO) synthase inhibitor, or tetrahydrobiopterin did not change the ACh response. In isolated coronary arteries of WT mice, ACh-induced vasodilation occurred. Inhibition of glutathione reductase by 1, 3-bis(2-chloroethyl)-1-nitrosourea decreased ACh-induced vasodilation (n=10, p<0.01), which was restored by DTT. To evaluate the thiol oxidation, we measured the fluorescence of monochlorobimane (MCB) in coronary arteries, which covalently labels the total. The fluorescence level to MCB decreased in SMP30 KO mice, but with DTT treatment restored to a level comparable to that of WT mice. The reduced glutathione and total thiol levels were also low in the aorta of SMP30 KO mice compared with those of WT mice. Administration of ACh into the aortic sinus in vivo of SMP30 KO mice induced coronary artery spasm. Innovation: The thiol redox state is a key regulator of endothelial NO synthase activity, and thiol oxidation was associated with endothelial dysfunction in the SMP30 deficiency model. Conclusion: These results suggest that chronic thiol oxidation by oxidant stress is a trigger of coronary artery spasm, resulting in impaired endothelium-dependent vasodilation. Antioxid. Redox Signal. 00, 000-000.

 

抽象的な背景:老化標識タンパク質-30(SMP30)は老化で減少する、そして、SMP30ノックアウト(KO)マウスは増加したオキシダント・ストレスで短い生命を示す。
目的:我々は冠動脈攣縮のSMP30不足でオキシダント・ストレスの効果を評価して、その下にある機構を明らかにする。
結果我々は、SMP30 KOと野生型(WT)マウスから脈管反応を孤立した冠状動脈のアセチルコリン(ACh)とニトロプルシドナトリウム(SNP)に調整した。
SMP30 KOマウスにおいて、AChによって誘発された血管収縮は起こった。
そして、それはジチオスレイトール(DTT)(チオール-還元剤)によって血管拡張に変えられた。
しかしながら、N(ω)-ニトロ-l-アルギニン-メチル・エステル、一酸化窒素(NO)シンターゼ抑制薬またはテトラヒドロビオプテリンは、ACh反応を変えなかった。
WTマウスの孤立した冠状動脈で、AChによって誘発された血管拡張は起こった。
1によるグルタチオン還元酵素の抑制、3-ビス(2-クロロエチル)-1-ニトロソ尿素はAChによって誘発された血管拡張(n=10、p < 0.01)を減少させた。
そして、それはDTTによって回復した。
チオール酸化を評価するために、我々は冠状動脈でモノクロロ二手類動物(MCB)の蛍光を測定した。
そして、それは総量に共有結合的にラベルをつける。
WTマウスのそれと同等のレベルに戻されるDTT治療で以外、MCBに対する蛍光レベルは、SMP30 KOマウスで減少した。
還元グルタチオンと総チオール・レベルは、WTマウスのそれらと比較して、SMP30 KOマウスの大動脈でも、低かった。
SMP30 KOマウスで生体内大動脈洞へのAChの投与は、冠動脈攣縮を誘発した。
革新:チオール・レドックス国は内皮NO合成酵素活性のキー調節装置である、そして、チオール酸化はSMP30欠乏モデルで内皮機能不全と関係していた。
結論これらの結果はオキシダント・ストレスによる慢性のチオール酸化が冠動脈攣縮のトリガーであることを示唆する。
そして、障害のある内皮依存性血管拡張に帰着する。
Antioxid。
レドックス信号。
00、000-000。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x