医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Heme oxygenase 1 improves glucoses metabolism and kidney histological alterations in diabetic rats.

Published date 2013 Jan 16

Heme oxygenase 1 improves glucoses metabolism and kidney histological alterations in diabetic rats.

ヘムオキシゲナーゼ1は、糖尿病のラットでブドウ糖代謝と腎臓組織学的変更を改善する。

Published date

2013-1-16

Journal

Diabetol Metab Syndr. 2013; 5; 3;

Author

Ellen On Ptilovanciv, Gabryelle S Fernandes, Luciana C Teixeira, Luciana A Reis, Edson A Pessoa, Marcia B Convento, Manuel J Simões, Guilherme A Albertoni, Nestor Schor, Fernanda T Borges

Affiliation

Abstract

ABSTRACT: One important concern in the treatment of diabetes is the maintenance of glycemic levels and the prevention of diabetic nephropathy. Inducible heme oxygenase 1 (HO-1) is a rate-limiting enzyme thought to have antioxidant and cytoprotective roles. The goal of the present study was to analyze the effect of HO-1 induction in chronically hyperglycemic rats. The hyperglycemic rats were divided into two groups: one group, called STZ, was given a single injection of streptozotocin; and the other group was given a single streptozotocin injection as well as daily injections of hemin, an HO-1 inducer, over 60 days (STZ + HEME). A group of normoglycemic, untreated rats was used as the control (CTL).Body weight, diuresis, serum glucose levels, microalbuminuria, creatinine clearance rate, urea levels, sodium excretion, and lipid peroxidation were analyzed. Histological alterations and immunohistochemistry for HO-1 and inducible nitric oxide synthase (iNOS) were assessed. After 60 days, the STZ group exhibited an increase in blood glucose, diuresis, urea, microalbuminuria, and sodium excretion. There was no weight gain, and there was a decrease in creatinine clearance in comparison to the CTL group. In the STZ + HEME group there was an improvement in the metabolic parameters and kidney function, a decrease in blood glucose, serum urea, and microalbuminuria, and an increase of creatinine clearance, in comparison to the STZ group.There was glomerulosclerosis, collagen deposition in the STZ rats and increase in iNOS and HO-1 expression. In the STZ + HEME group, the glomerulosclerosis and fibrosis was prevented and there was an increase in the expression of HO-1, but decrease in iNOS expression and lipid peroxidation. In conclusion, our data suggest that chronic induction of HO-1 reduces hyperglycemia, improves glucose metabolism and, at least in part, protects the renal tissue from hyperglycemic injury, possibly through the antioxidant activity of HO-1.

 

要旨糖尿病の治療の1つの重要な懸念は、血糖レベルの保守と糖尿病ネフロパシーの予防である。
誘導可能なヘムオキシゲナーゼ1(HO-1)は、抗酸化剤と細胞保護的な役割があると考えられる律速酵素である。
本研究の目的は、慢性的に高血糖ラットでHO-1帰納法の効果を分析することであった。
高血糖ラットは、2つの群に分けられた:1つの群(STZと呼ばれている)は、ストレプトゾトシンの単回投与を与えられた;そして、他の群は、ヘミン、HO-1インデューサ、60日以上(STZ + HEME)の一回のストレプトゾトシン注射ならびに日々の注入を与えられた。
制御(CTL).Body重量、多尿、血清グルコース・レベル、ミクロアルブミン尿症、クレアチニンクリアランス率、尿素レベル、ナトリウム排泄と脂質過酸化が分析されたので、一群の正常血糖の、未治療のラットが使われた。
HO-1と誘導可能な一酸化窒素シンターゼ(iNOS)のための組織学的変更と免疫組織化学は、評価された。
60日後に、STZ群は、血糖、多尿、尿素、ミクロアルブミン尿症とナトリウム排泄の増加を示した。
体重増加がなかった、そして、クレアチニンクリアランスの減少が割にCTL群にあった。
STZにおいて、そこの+ HEME群は代謝パラメータと腎臓機能の改善、血糖の減少、血清尿素とミクロアルブミン尿症であった、そして、クレアチニンクリアランスの増加は比較でSTZ group.Thereに糸球体硬化(STZラットにおけるコラーゲン堆積とiNOSとHO-1発現の増加)であった。
STZ + HEME群において、糸球体硬化と線維形成は防止された、そして、HO-1の発現の増加、しかし、iNOS発現と脂質過酸化の減少があった。
結論として、おそらくHO-1の抗酸化剤活動を通して、我々のデータは、HO-1の慢性の誘導が高血糖を減らして、グルコース代謝を改善して、少なくとも一つには、腎臓組織を高血糖損傷から保護することを示唆する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x