医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Validation of the korean-version of the nonmotor symptoms scale for Parkinson's disease.

Published date 2012 Dec 21

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Validation of the korean-version of the nonmotor symptoms scale for Parkinson's disease.

パーキンソン病のための非運動症状スケールのkoreanバージョンの確証。

Published date

2012-12-21

Author

Seong-Beom Koh, Jae Woo Kim, Hyeo-Il Ma, Tae-Beom Ahn, Jin Whan Cho, Phil Hyu Lee, Sun Ju Chung, Joong-Seok Kim, Do Young Kwon, Jong Sam Baik

Affiliation

Department of Neurology, Korea University College of Medicine, Seoul, Korea.

Abstract

BACKGROUND AND PURPOSE: Non-motor symptoms are common in Parkinson's disease (PD), and are the primary cause of disability in many PD patients. Our aim in this study was to translate the origin non-motor symptoms scale for PD (NMSS), which was written in English, into Korean (K-NMSS), and to evaluate its reliability and validity for use with Korean-speaking patients with PD.

 

METHODS: In total, 102 patients with PD from 9 movement disorders sections of university teaching hospitals in Korea were enrolled in this study. They were assessed using the K-NMSS, the Unified Parkinson's Disease Rating Scale (UPDRS), the Korean version of the Mini-Mental Status Examination (K-MMSE), the Korean version of the Montgomery-Asberg Depression Rating Scale (K-MADS), the Epworth Sleepiness Scale (ESS), and Parkinson's Disease Questionnaire 39 (PDQ39). Test-retest reliability was assessed over a time interval of 10-14 days in all but one patient.

 

RESULTS: The K-NMSS was administered to 102 patients with PD. The internal consistency and reliability of this tool was 0.742 (mean Cronbach's α-coefficient). The test-retest correlation reliability was 0.941 (Guttman split-half coefficient). There was a moderate correlation between the total K-NMSS score and the scores for UPDRS part I [Spearman's rank correlation coefficient, (rS)=0.521, p<0.001] and UPDRS part II (rS=0.464, p=0.001), but there was only a weak correlation between the total K-NMSS score and the UPDRS part III score (rS=0.288, p=0.003). The total K-NMSS score was significantly correlated with the K-MADS (rS=0.594, p<0.001), K-MMSE (rS=-0.291, p=0.003), and ESS (rS=0.348, p<0.001). The total K-NMSS score was also significantly and positively correlated with the PDQ39 score (rS=0.814, p<0.001).

 

CONCLUSIONS: The K-NMSS exhibited good reliability and validity for the assessment of non-motor symptoms in Korean PD patients.

 

背景と目的:非運動症状はパーキンソン病(PD)に普通にみられて、多くのPD患者における障害の主因である。
本研究の我々の目的は、韓国人(K-NMSS)にPD(NMSS)(それは英語で書かれた)のために起源非モーター症状スケールを翻訳して、韓国語を話すPD患者の用途に、その信頼性と有効性を評価することであった。


方法全体で、102例の韓国の大学教育研究病院の9つの運動障害区画からのPD患者は、本研究で登録された。
彼らはK-NMSS、統一パーキンソン病評価尺度(UPDRS)、ミニ-精神機能評価(K-MMSE)の韓国のバージョンを使用して評価された。
そして、モンゴメリー-Asberg鬱病の韓国のバージョンがスケール(K-MADS)、Epworth眠いことスケール(ESS)とパーキンソン病アンケート39(PDQ39)に値した。
試験・再試験信頼度は、一人の患者以外はで10-14日の時間間隔の間評価された。


結果PD患者102例にK-NMSSを投与した。
このツールの内的整合性と信頼性は、0.742(Cronbachのα-係数を意味する)であった。
試験-再試験相関信頼性は、0.941(ガットマン裂けたハーフ係数)であった。
総K-NMSSスコアとUPDRS一部I[スピアマンの階数相関係数、(rS)=0.521、p < 0.001]のスコア間の中等度の相関があった、そして、UPDRSはII(rS=0.464、p=0.001)を分ける、しかし、総K-NMSSスコアとUPDRS部IIIスコア(rS=0.288、p=0.003)間の弱い相関だけがあった。
総K-NMSSスコアは、K-MADS(rS=0.594、p < 0.001)、K-MMSE(rS=-0.291、p=0.003)とESS(rS=0.348、p < 0.001)と有意に相関していた。
総K-NMSSスコアは、PDQ39スコア(rS=0.814、p < 0.001)とも、有意に、そして、明らかに相関していた。


結論:K-NMSSは、韓国のPD患者で非運動症状の評価によい信頼性と有効性を示した。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x