医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Clinical significance of subjective foamy urine.

Published date 2012 Dec 21

Clinical significance of subjective foamy urine.

主観的な泡の尿の臨床的重要性。

Published date

2012-12-21

Author

Kyu Keun Kang, Jung Ran Choi, Ji Young Song, Sung Wan Han, So Hyun Park, Woong Sun Yoo, Hwe Won Kim, Dongyoung Lee, Kyoung Hyoub Moon, Myung Hee Lee, Beom Kim

Affiliation

Department of Internal Medicine, Veterans Health Service Medical Center, Seoul, Korea.

Abstract

Foamy urine is widely regarded as a sign of proteinuria. However, there is no objective definition of foamy urine and there are no reports on the proportion of involved patients who have overt proteinuria or microalbuminuria. We performed this study to investigate this proportion and to identify possible risk factors for these two conditions. We reviewed all new outpatients from 1 November 2011 to 30 April 2012 and identified patients complaining of foamy urine. Their demographic data and medical records were examined. In particular, we tabulated the patients' spot urinary protein to creatinine ratio, spot urinary microalbumin to creatinine ratio (ACR), blood urea nitrogen (BUN), and serum levels of creatinine (Cr), uric acid, calcium, phosphate, and glucose. In addition, we calculated estimated glomerular filtration rates (eGFRs) by using the CKD-EPI equation. We also performed risk factor analysis with the Chi-squared test and by logistic regression. Seventy-two patients (6.3% of total new outpatients) complained of foamy urine; of these, there were 59 males with a median age of 65.5 years (range, 36-87 years). Of the 72 patients, 16 (22.2%) had overt proteinuria. We found that diabetes, poor renal function (high Cr, BUN, low eGFR), increased serum phosphate, and increased serum glucose were associated with overt proteinuria. Multiple logistic regression analysis showed that serum Cr and serum phosphate were associated with overt proteinuria. The ACR was available for 38 patients, and in this subgroup, 12 (31.6%) showed microalbuminuria or overt proteinuria. In this subgroup, a high serum Cr was the only statistically significant risk factor. Among patients who complained of foamy urine, approximately 20% had overt proteinuria, and increased serum Cr and phosphate were statistically significant risk factors.

 

泡の尿は、蛋白尿症の印として広く注意される。
しかしながら、泡の尿の客観的な定義がない、そして、明白な蛋白尿症またはミクロアルブミン尿症を呈する関連のある患者の比率についての報告がない。
我々は、この割合を調査して、これらの2つの状態の可能性がある危険因子を特定するために、本研究を行った。
我々は2011年11月1日から2012年4月30日まですべての新しい外来患者を見直して、泡の尿について不満を言っている患者を同定した。
それらの人口統計学的データと医療記録は、調べられた。
特に、我々はクレアチニン比率、クレアチニン比率(ACR)に対する即座の尿マイクロアルブミン、血液尿素窒素(BUN)とクレアチニン(cr)、尿酸、カルシウム、リン酸塩とブドウ糖の血清レベルに患者の発疹尿蛋白を表化した。
加えて、我々はCKD-EPI方程式を用いて、推定糸球体濾過値(eGFRs)を算出した。
我々も、カイ-二乗試験で、そして、ロジスティック回帰によって危険因子分析を行った。
72例の患者(全くの新しい外来患者の6.3%)は、泡の尿について不満を言った;これら中、59人の男性が、65.5年(範囲、36-87年)の年齢の中央値でいた。
72例の患者のうち、16(22.2%)は明白な蛋白尿症があった。
我々は、糖尿病、弱い腎機能(高度なCr、BUN、低いeGFR)、増加した血清リン酸塩と増加した血清グルコースが明白な蛋白尿症と関係しているとわかった。
多重ロジステック回帰分析は、血清Crと血清リン酸塩が明白な蛋白尿症と関係していることを示した。
ACRは38例の患者に利用できた、そして、このサブグループにおいて、12(31.6%)はミクロアルブミン尿症または明白な蛋白尿症を示した。
このサブグループにおいて、高度な血清Crは、唯一の統計的に有意な危険因子であった。
泡の尿について不満を言った患者の間で、約20%は明白な蛋白尿症があった、そして、増加した血清Crとリン酸塩は統計的に有意な危険因子であった。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x