医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Patterns of use of insulin-sensitizing agents among diabetic, borderline diabetic and non-diabetic women in the National Health and Nutrition Examination Surveys.

全国健康栄養検査調査の糖尿病患者、境界線上の糖尿病患者と非糖尿病性女性の間のインスリン増感剤の使用のパターン。

Published date

2013-1-17

Journal

Gynecol Endocrinol. 2013;

Author

Hind Beydoun, Vijaya Kancherla, Laurel Stadtmauer, May Beydoun

Affiliation

Graduate Program in Public Health, Eastern Virginia Medical School , Norfolk, VA , USA .

Abstract

Abstract The purpose of this cross-sectional study based on the 2001-2006 National Health and Nutrition Examination Survey is to examine demographic, socioeconomic, lifestyle and reproductive characteristics that may distinguish users and non-users of insulin sensitizing agents among the US diabetic, borderline diabetic and non-diabetic women. Use of insulin-sensitizing agents was evaluated among 19 579 (3882 diabetic, 387 borderline diabetic and 15 310 non-diabetic) women. Overall, 2% of women in the study sample were users of insulin-sensitizers, including metformin, rosiglitazone and pioglitazone. Multivariate logistic regression models were constructed for predictors of insulin-sensitizer use according to diabetic status. In the overall sample, being younger or diabetic were the only factors associated with an increased odds of using insulin-sensitizing agents, after adjustment of confounders. Among diabetics, use of insulin-sensitizing agents was inversely related to age, but not other factors in the multivariable model. Among borderline and non-diabetics, body mass index (BMI) was the only predictor that remained significantly associated with the use of insulin-sensitizing agents after controlling for confounders. In conclusion, the main predictors of insulin-sensitizer use are young age and diabetic status in all women, young age in diabetic women and high BMI in borderline and non-diabetic women.

 

この断面調査の目的が2001-2006年の全国健康栄養検査調査に基礎をおいた要約は人口統計に、社会経済に検査することである。
そして、生活様式と使用者を区別する可能性がある生殖特性とインシュリンの非使用者が米国糖尿病患者、境界線上の糖尿病患者と非糖尿病性女性の一つの薬剤の感度を高める。
インスリン増感剤の使用は、19 579人の(3882人の糖尿病患者、387境界線糖尿病患者と15 310人の糖尿病にかかっていない人)女性の間で評価された。
全体として、研究検体の女性の2%は、メトホルミン、ロシグリタゾンとピオグリタゾンを含むインシュリン-感作物質のユーザであった。
多変量ロジスティック回帰モデルは、糖尿病の状態によってインシュリン-感作物質使用を占うもののために造られた。
全体の検体で、困惑させる人の調整の後、より若いことまたは糖尿病患者は、インスリン増感剤を使用する高まった確率と関連した唯一の因子であった。
糖尿病患者の間で、インスリン増感剤の使用は、多変量モデルにおける他の要因でなく、年齢に反対に関連があった。
境界線と糖尿病にかかっていない人の間で、体格指数(BMI)は、困惑させる人のために制御した後にインスリン増感剤を用いて有意に関連するままだった唯一の予測因子であった。
結論として、インシュリン-感作物質使用を主な占うものは、すべての女性(糖尿病の女性における若い年齢と境界線上および非糖尿病性女性における高いBMI)における若い年齢と糖尿病の状態である。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x