医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

The Relationship between Particulate Matter (PM(10)) and Hospitalizations and Mortality Of Chronic Obstructive Pulmonary Disease: A Meta-Analysis.

粒子状物質(Pm(10))と入院の関係と慢性閉塞性肺疾患の死亡率:展望研究。

Published date

2013-1-16

Journal

COPD. 2013;

Author

Ruixia Zhu, Yahong Chen, Shaowei Wu, Furong Deng, Yue Liu, Wanzhen Yao

Affiliation

1Respiratory Department, Peking University Third Hospital , Beijing , China.

Abstract

Abstract Background: Numerous studies have reported variable associations between ambient particulate matter (PM) and chronic obstructive pulmonary disease (COPD) hospitalizations and mortality. Objective: To conduct a systematic study assessing the associations between hospitalizations and mortality from COPD and ambient PM(10) (particulate matter with aerodynamic diameters ≤ 10 μm, PM(10)). Methods: Systematic searches were conducted in 6 common electronic databases. A meta-analysis was performed to estimate the odds ratio (OR) to evaluate the relationship between PM(10) and COPD hospitalizations and mortality. Publication bias and heterogeneity of samples were tested by Begg funnel plot and Egger test, respectively. Study findings were analyzed using random-effect model and fixed-effect model. Results: The search yielded 31 studies suitable for the meta-analysis during the period from Jan 1, 2000 to Oct 31, 2011. A 10μg/m(3) increase in PM(10) was associated with a 2.7% (95%CI = 1.9%-3.6%) increase in COPD hospitalizations with an OR of 1.027 (95%CI: 1.019-1.036), and a 1.1% (95%CI: 0.8%-1.4%) increase in COPD mortality with an OR of 1.011 (95%CI: 1.008-1.014). Conclusions: Ambient PM(10) is associated with increased COPD hospitalizations and mortality. Further research is needed to elucidate whether this association is causal and to clarify its mechanisms.

 

抽象的な背景:多数の調査では、周囲粒子状物質(PM)と慢性閉塞性肺疾患(COPD)入院と死亡率の間の可変的な関係を報告した。
目的COPDと周囲PM(10)(空気力学的な直径≤10μm(PM(10))による粒子状物質)から入院と死亡率の間の関係を評価している系統的検査を実行すること。
方法系統的検索は、6つの一般の電子データベースで実行された。
展望研究は、PM(10)とCOPD入院と死亡率の関係を評価するためにオッズ比(OR)を推定するために行われた。
それぞれ、検体の刊行バイアスと異質性は、ベッグ煙突図面とエグジェール試験によって検査された。
研究所見は、変量モデルと等効果モデルを使用して分析された。
結果検索は、2000年1月1日から2011年10月31日までの期間の間に、展望研究にふさわしい31の研究を得た。
PM(10)の10μg/m(3)増加は、1.027のオレゴン州で、COPD入院の2.7%(95%CI = 1.9%-3.6%)の増加と関係していた(95%CI:1.019-1.036)、そして、1.1%(95%CI:0.8%-1.4%)1.011のオレゴン州によるCOPD死亡率の増加(95%CI:1.008-1.014)。
結論:周囲PM(10)は、さらなるCOPD入院と死亡率と関係している。
この関連があるかどうかにかかわらず、研究が解明するために必要であることを進める原因となる、そして、その機序を明らかにすること。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x