PubMed日本語 - 冠動脈疾患患者におけるn-6高度不飽和脂肪酸比率に対する血清n-3の上のスタチンの作用。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Effects of statins on serum n-3 to n-6 polyunsaturated fatty acid ratios in patients with coronary artery disease.

冠動脈疾患患者におけるn-6高度不飽和脂肪酸比率に対する血清n-3の上のスタチンの作用。

Published date

2013-01-15

Author

Tsuyoshi Nozue, Shingo Yamamoto, Shinichi Tohyama, Kazuki Fukui, Shigeo Umezawa, Yuko Onishi, Tomoyuki Kunishima, Akira Sato, Toshihiro Nozato, Shogo Miyake, Youichi Takeyama, Yoshihiro Morino, Takao Yamauchi, Toshiya Muramatsu, Kiyoshi Hibi, Ichiro Michishita

Affiliation

Division of Cardiology, Department of Internal Medicine, Yokohama Sakae Kyosai Hospital, Yokohama, Japan. nozue2493@yahoo.co.jp

Abstract

BACKGROUND: A low n-3 to n-6 polyunsaturated fatty acids (PUFAs) ratio is reported to be associated with cardiovascular events. However, the effects of statins on this ratio have not been fully examined.

 

METHODS: A total of 101 patients with coronary artery disease, who were not receiving lipid-lowering therapy were randomly assigned to receive either 4 mg/day of pitavastatin or 20 mg/day of pravastatin. Serum PUFA levels were measured at baseline and 8 months after treatment with statins.

 

RESULTS: Pitavastatin was used to treat 51 patients and the remaining 50 patients were treated using pravastatin. A significant positive correlation was observed between the percent change in low-density lipoprotein cholesterol and that in dihomogamma-linolenic acid (r = .376, P = .007), arachidonic acid (AA; r = .316, P = .02), eicosapentaenoic acid (EPA; r = .408, P = .003), or docosahexaenoic acid (DHA; r = .270, P = .056) in the pitavastatin group. However, these correlations were not observed in the pravastatin group. The DHA/AA ratio decreased significantly in the pitavastatin group only (from 0.96 to 0.83, P = .0002) and the DHA/AA ratio was significantly lower in the pitavastatin group at 8 months (0.83 vs 0.96, P = .03). The EPA/AA ratio did not show significant changes in either group.

 

CONCLUSIONS: Pitavastatin decreased the serum DHA/AA ratio, whereas pravastatin had no effect on this ratio. Neither pitavastatin nor pravastatin had an effect on the serum EPA/AA ratio in patients with coronary artery disease.

 

背景n-6高度不飽和脂肪酸(PUFA)比率に対する低いn-3は、心血管イベントを伴うことが報告される。
しかしながら、スタチンのこの比率に対する影響は、完全には調べられなかった。


方法合計101例の冠動脈疾患患者(治療が4mg/日のピタバスタチンまたは20mg/日のプラバスタチンを受けるためにランダムに割り当てられた脂質-低下を受けていなかった)。
血清PUFAレベルは、スタチンで治療の後ベースラインと8ヵ月で測定された。


結果ピタバスタチンは51例の患者を治療するのに用いられた、そして、残りの50例の患者はプラバスタチンを使用して治療された。
有意な正相関は、ピタバスタチン群でジホモγ-リノレン酸(r = .376、P = .007)、アラキドン酸(AA; r = .316、P = .02)、エイコサペンタエン酸(EPA; r = .408、P = .003)またはドコサヘキサエン酸(DHA; r = .270、P = .056)で低比重リポ蛋白コレステロールとそれのパーセント変化の間に観察された。
しかしながら、これらの相関は、プラバスタチン群で観察されなかった。
DHA/AA比率はピタバスタチン群(0.96から0.83、P = .0002まで)だけで有意に減少した、そして、DHA/AA比率は8ヵ月(0.83対0.96(P = .03))にピタバスタチン群で有意により低かった。
EPA/AA比率は、どちらの群における有意な変化も示さなかった。


結論:ピタバスタチンは血清DHA/AA比率を低下させたが、プラバスタチンはこの比率に影響を及ぼさなかった。
ピタバスタチンもプラバスタチンも、冠動脈疾患患者で血清EPA/AA比率に影響を及ぼさなかった。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x