医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Cardiac capillary hemangioma: a case report and brief review of the literature.

Published date 2013 Jan 17

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Cardiac capillary hemangioma: a case report and brief review of the literature.

心臓毛細血管性血管腫:症例報告と文献の短い再調査。

Published date

2013-01-17

Author

Yuna Han, Xin Chen, Xiaobing Wang, Liang Yang, Yanling Zeng, Jun Yang

Affiliation

Department of Cardiovascular Ultrasound, the First Affiliated Hospital of China Medical University, Shenyang, China.

Abstract

Among primary cardiac tumors, hemangiomas are relatively rare, with a reported incidence of 2.8%. To date, less than 100 cases have been reported in literature. We report the case of a 61-year-old woman who complained from chest discomfort since 3 years and in whom transthoracic echocardiography revealed a pedunculated tumor in the left ventricle. The tumor was successfully resected and its histopathological examination revealed a capillary hemangioma. The patient had an uneventful recovery without any complication.

 

原発性心腫瘍の間で、2.8%の既報告の発生率で、血管腫は比較的まれである。
現在まで、100例未満は、文献で報告された。
我々は、3年から胸部不快感から不満を言った、そして、経胸壁超音波心臓図検査で左心室で有茎性腫瘍がみられた61歳の女性の症例を報告する。
腫瘍はうまく切除された、そして、その組織病理学検査で毛細血管性血管腫がみられた。
患者は、どんな合併症なしででも問題のない回復を呈した。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x