医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Mismanagement of Wilson's disease as psychotic disorder.

Published date 2012 Aug 28

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Mismanagement of Wilson's disease as psychotic disorder.

精神病性障害としてのウィルソン病の誤った処置。

Published date

2012-08-28

Author

Reza Bidaki, Mina Zarei, S M Mahdy Mirhosseini, Samar Moghadami, Maral Hejrati, Marjan Kohnavard, Behnam Shariati

Affiliation

Rafsanjan University of Medical Sciences, Rafsanjan, Iran.

Abstract

Wilson's disease (WD) or hepatolenticular degeneration is an inherited neurodegenerative disorder of copper metabolism (autosomal recessive, chromosome13). Psychiatric disorders in WD include dementia, characterized by mental slowness, poor concentration, and memory impairment. Symptoms may progress rapidly, especially in younger patients, but are more often gradual in development with periods of remission and exacerbation. Delusional disorder and schizophrenia-like psychosis are rare forms of psychiatric presentation. In this report, the patient with WD presented by psychosis symptoms and treated mistaken as schizophrenia for almost ten years. Although he has treated with antipsychotics, he had periods of remissions and relapses and never was symptoms free. Since psychosis can be the manifestation of medical diseases such as WD, overall view of these patients is necessary and medical diseases should be considered as a differential diagnosis.

 

ウィルソン病(WD)または肝レンズ核変性は、銅の代謝(常染色体劣性、chromosome13)の遺伝性神経組織の障害である。
WDの精神障害は痴呆を含む。
そして、精神的緩慢さ、集中力不足と記憶障害によって特徴づけられる。
症状は、特に若年患者で、急速に進行する可能性があるが、よりしばしば寛解と増悪の段階で、発生で緩徐である。
妄想性障害と分裂病様精神病は、精神医学的な提示の珍しい形である。
この報告では、WDを有する患者は、精神病症状によって現れて、ほぼ10年の間精神分裂症として誤って治療した。
抗精神病薬と交渉したにもかかわらず、彼には寛解の段階があって、再発して、決して自由に症状でなかった。
精神病がWDのような内科疾患の徴候でありえるので、これらの患者の全体の見方は必要である、そして、内科疾患は鑑別診断と思われなければならない。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x