PubMed日本語 - メトホルミンの比較の作用とomentinと新たに診断された糖尿病患者におけるレプチン濃度のピオグリタゾン:無作為臨床試験。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Comparative effects of metformin and pioglitazone on omentin and leptin concentrations in patients with newly diagnosed diabetes: A randomized clinical trial.

メトホルミンの比較の作用とomentinと新たに診断された糖尿病患者におけるレプチン濃度のピオグリタゾン:無作為臨床試験。

Published date

2013-1-14

Author

Alireza Esteghamati, Sina Noshad, Soghra Rabizadeh, Mojgan Ghavami, Ali Zandieh, Manouchehr Nakhjavani

Affiliation

Endocrinology and Metabolism Research Center (EMRC), Vali-Asr Hospital, School of Medicine, Tehran University of Medical Sciences, Tehran, Iran. Electronic address: esteghamati@tums.ac.ir.

Abstract

Aims To assess the effects of two commonly used oral hypoglycemic medications metformin and pioglitazone on serum concentrations of omentin and leptin in patients with newly diagnosed type 2 diabetes. METHODS: In a clinical trial setting (NCT01593371), patients were randomly allocated to either metformin 1000mg daily (n=41), or pioglitazone 30mg daily (n=50). Serum concentrations of omentin and leptin were measured at baseline and after 12weeks. Patients' weight, waist circumference, blood pressure, fasting plasma glucose, fasting insulin, HbA1c, highly sensitive C-reactive protein, and serum lipids were also measured at the two visits. RESULTS: Baseline concentrations of omentin and leptin were not different between the two arms of the trial. After three months, metformin decreased both omentin and leptin concentrations in women, and leptin concentrations only in men. On the other hand, pioglitazone reduced both adipokines only in women, but not men. Univariate and multivariate ANCOVA models revealed that both interventions are equally effective in reducing omentin concentration (p=0.497 for women and 0.344 for men in multivariate models controlling for the effects of confounding variables). Similarly, neither medication was more effective in reducing leptin concentrations after three months (p=0.822 for women and 0.441 for men in multivariate models). CONCLUSIONS: Metformin and pioglitazone at pharmacologic doses are equally effective in alteration of serum omentin and leptin concentrations in patients with diabetes, albeit sex differences in response to medications exist. Implication of these findings on long term management and complication prevention of diabetes needs to be elucidated.

 

目的Toは、新たに診断された2型糖尿病患者で、omentinとレプチンの血清濃度に対する2つの一般的に用いられる経口低血糖薬物メトホルミンとピオグリタゾンの影響を評価する。
方法臨床試験設定(NCT01593371)では、患者は1日1000mg(n=41)のいずれのメトホルミンもまたは1日30mg(n=50)のピオグリタゾンにランダムに割り当てられた。
omentinとレプチンの血清濃度は、試験開始時に、そして、12週後に測定された。
患者の体重、胴囲、血圧、空腹時血漿グルコース、空腹時のインシュリン、HbA1c、非常に感度が高いC反応性蛋白と血清脂質は、2つの訪問でも測定された。
結果omentinとレプチンのベースライン濃度は、試験の2本の腕の間に異ならなかった。
3ヵ月後に、メトホルミンは女性におけるomentinとレプチン濃度、と男性だけにおけるレプチン濃度を低下させた。
一方では、ピオグリタゾンは男性でなく、女性だけで両方の脂肪畜牛を減らした。
一変量および多変量ANCOVAモデルは、両方の介入がomentin濃度(女性のためのp=0.497と交絡変数の効果のための多変量モデル制御の男性のための0.344)を低下させることに等しく効果的なことを明らかにした。
同様に、いずれの薬物も、3ヵ月(女性のためのp=0.822と多変量モデルの男性のための0.441)後にレプチン濃度を低下させることにより効果的でなかった。
結論:薬物に応答する性差が存在するが、薬理学的用量のメトホルミンとピオグリタゾンは糖尿病患者で血清omentinとレプチン濃度の変更に等しく効果的である。
長期処置に関するこれらの所見と糖尿病の合併症予防の意味は、解明される必要がある。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x