医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Quantification and study of the L-DOPA decarboxylase expression in gastric adenocarcinoma cells treated with chemotherapeutic substances.

Published date

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Quantification and study of the L-DOPA decarboxylase expression in gastric adenocarcinoma cells treated with chemotherapeutic substances.

定量化と胃腺癌細胞のL-ドーパデカルボキシラーゼ表現の研究は、化学療法物質と交渉した。

Published date

Author

Dimitrios Korbakis, Emmanuel G Fragoulis, Andreas Scorilas

Affiliation

Department of Biochemistry and Molecular Biology, Faculty of Biology, University of Athens, Panepistimiopolis, Athens, Greece.

Abstract

3,4-Dihydroxy-L-phenylalanine decarboxylase (DDC) is an enzyme implicated in the biosynthetic pathways of the neurotransmitters dopamine and probably serotonin. DDC gene expression has been studied in numerous malignancies and the corresponding data have shown remarkable alterations in the mRNA and/or protein levels encoded by the gene. The aim of this study was to examine any modulations in the DDC mRNA levels in gastric cancer cells after their treatment with the chemotherapeutic agents 5-fluorouracil, leucovorin, irinotecan, etoposide, cisplatin, and taxol. The sensitivity of the AGS gastric adenocarcinoma cells to the antineoplastic drugs was evaluated using the MTT assay. Total RNA was extracted and reverse transcribed into cDNA. A highly sensitive quantitative real-time PCR methodology was developed for the quantification of DDC mRNA. GAPDH was used as a housekeeping gene. Relative quantification analysis was carried out using the comparative C T method ((Equation is included in full-text article.)). The treatment of AGS cells with several concentrations of various broadly used anticancer drugs resulted in significant modulations of the DDC mRNA levels compared with those in the untreated cells in a time-specific and drug-specific manner. Generally, DDC expression levels appeared to decrease after three time periods of exposure to the selected chemotherapeutic agents, suggesting a characteristic DDC mRNA expression profile that is possibly related to the mechanism of each drug. Our experimental data show that the DDC gene might serve as a new potential molecular biomarker predicting treatment response in gastric cancer cells.

 

3,4-ジヒドロキシ-L-フェニルアラニン・デカルボキシラーゼ(DDC)は、神経伝達物質ドーパミンとおそらくセロトニンの生合成経路に関係するだろう酵素である。
DDC遺伝子発現は多数の悪性腫瘍で調査された、そして、対応するデータは遺伝子によってコード化されるmRNAおよび/またはタンパク質レベルで著明な変更を示した。
本研究の目的は、化学療法剤5‐フルオロウラシル、ロイコボリン、イリノテカン、エトポシド、シスプラチンとtaxolでそれらの治療の後胃癌細胞でDDC mRNAレベルでどんな調節でも調べることになっていた。
抗腫瘍薬に対するAGS胃腺癌細胞の感受性は、MTT分析を使用して評価された。
全RNAは抽出された、そして、後退がcDNAに転写された。
非常に感度が高い定量的リアルタイムPCR方法は、DDC mRNAの定量化のために開発された。
GAPDHが、ハウスキーピング遺伝子として使われた。
相対的な定量化分析は、比較のC T方法((方程式は、フルテキストの冠詞に含まれる。
))を使用して行われた。
さまざまな広く使用される抗癌剤のいくつかの濃度によるAGS細胞の処置は、時間に特有および薬物特異性方法で、未処置の細胞でそれらと比較してDDC mRNAレベルの有意の調節に帰着した。
通常、DDC発現レベルは選択された化学療法剤への露出の3つの期間の後減少するように見えた。
そして、おそらく各薬の機序に関連がある特徴的DDC mRNA発現プロフィールを示唆した。
我々の実験データは、DDC遺伝子が胃癌細胞で治療反応を予測している新しい潜在的分子バイオマーカーとして用いられるかもしれないことを示す。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x