医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Epidemiology of US High School Sports-Related Ligamentous Ankle Injuries, 2005/06-2010/11.

Published date

Epidemiology of US High School Sports-Related Ligamentous Ankle Injuries, 2005/06-2010/11.

米国のハイスクールの疫学は、靱帯の足首損傷(2005/06-2010/11)をスポーツ関連させた。

Published date

Author

David M Swenson, Christy L Collins, Sarah K Fields, R Dawn Comstock

Affiliation

*College of Medicine and †College of Public Health, The Ohio State University, Columbus, Ohio ‡Center for Injury Research and Policy, The Research Institute at Nationwide Children's Hospital, Columbus, Ohio §School of Physical Activity and Educational Services, The Ohio State University, Columbus, Ohio.

Abstract

OBJECTIVE: : Describe ankle injury epidemiology among US high school athletes in 20 sports.

 

DESIGN: : Descriptive prospective epidemiology study.

 

SETTING: : Sports injury data for the 2005/06 to 2010/11 academic years were collected using an Internet-based injury surveillance system, Reporting Information Online.

 

PARTICIPANTS: : A nationwide convenience sample of US high schools.

 

ASSESSMENT OF RISK FACTORS: : Injuries sustained as a function of sport and gender.

 

MAIN OUTCOME MEASURES: : Ankle sprain rates and patterns, outcomes, and mechanisms.

 

RESULTS: : From 2005/06 to 2010/11, certified athletic trainers reported 5373 ankle sprains in 17 172 376 athlete exposures (AEs), for a rate of 3.13 ankle sprains per 10 000 AEs. Rates were higher for girls than for boys (rate ratio [RR], 1.25; 95% confidence interval [CI], 1.17-1.34) in gender-comparable sports and higher in competition than practice for boys (RR, 3.42; 95% CI, 3.20-3.66) and girls (RR, 2.71; 95% CI, 2.48-2.95). The anterior talofibular ligament was most commonly injured (involved in 85.3% of sprains). Overall, 49.7% of sprains resulted in loss of participation from 1 to 6 days. Although 0.5% of all ankle sprains required surgery, 6.6% of those involving the deltoid ligament also required surgery. The athletes were wearing ankle braces in 10.6% of all the sprains. The most common injury mechanism was contact with another person (42.4% of all ankle sprains).

 

CONCLUSIONS: : Ankle sprains are a serious problem in high school sports, with high rates of recurrent injury and loss of participation from sport.

 

目的:20のスポーツで米国のハイスクール運動選手の間で足首損傷疫学を述べる。
デザイン:図形将来の疫学検査。
施設:2010/11の学年に対する2005/06のためのスポーツ外傷データはインターネット・ベースの損傷調査システムを使用して集められた。
そして、情報をオンラインで報告した。
参加者:米国のハイスクールの全国的便利なサンプル。
危険因子の評価::スポーツと性の機能として継続される損傷。
主要な予後の計測:足首関節捻挫率とパターン(結果)と機序。
結果:2005/06から2010/11まで、10人の000 AE当たりの3.13の足首関節捻挫の率のために、公認スポーツマンタイプのトレーナーは、17 172 376運動選手暴露量(AE)で、5373の足首関節捻挫を報告した。
率は、男児(RR、3.42; 95%CI、3.20-3.66)のための診療と女児(RR、2.71; 95%CI、2.48-2.95)より性相当するスポーツの男児(率比率[RR]、1.25; 95%信頼区間[CI]、1.17-1.34)のためにより女児のために高かったおよび競争でより高かった。
前距腓靱帯は最も一般的には負傷した(捻挫の85.3%に関係する)。
全体として、捻挫の49.7%は1から6日まで関与の損失に帰着した。
すべての足首関節捻挫の0.5%が手術を必要としたにもかかわらず、三角靭帯も含んでいるそれらの6.6%が手術を必要として。
運動選手はすべての捻挫の10.6%で足首関節固定器をつけていた。
最も頻度が高い損傷メカニズムはもう一人の人(すべての足首関節捻挫の42.4%)との接触であった。
結論::再発性損傷の高い率とスポーツからの関与の損失で、足首関節捻挫はハイスクール・スポーツの深刻な問題である。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x