医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Considerations regarding use of solvents in in vitro cell based assays.

Published date 2013 Jan 18

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Considerations regarding use of solvents in in vitro cell based assays.

生体外細胞の溶媒の使用に関する考慮点は、分析の基礎を形成した。

Published date

2013-1-18

Journal

Cytotechnology. 2013;

Author

Michael Timm, Lasse Saaby, Lise Moesby, Erik Wind Hansen

Affiliation

Department of Pharmacology and Pharmacotherapy, Faculty of Pharmaceutical Sciences, University of Copenhagen, Universitetsparken 2, K-2100, Copenhagen, Denmark, mt@farma.ku.dk.

Abstract

Cell culture systems are widely used for the investigation of in vitro immunomodulatory effects of medicines and natural products. Since many pharmacological relevant compounds are water-insoluble, solvents are frequently used in cell based assays. Although many reports describe the cellular effects of solvents at high concentrations, only a few relate the effects of solvents used at low concentrations. In this report we investigate the interference of three commonly used solvents: Dimethyl sulfoxide (DMSO), ethanol and β-cyclodextrin with five different cell culture systems. The effects of the solvents are investigated in relation to the cellular production of interleukin (IL)-6 or reactive oxygen species (ROS) after lipopolysaccharide (LPS) stimulation. We show that DMSO above 1 % reduces readout parameters in all cell types but more interestingly the 0.25 and 0.5 % solutions induce inhibitory effects in some cell types and stimulatory effects in others. We also found that LPS induced ROS production was more affected than the IL-6 production in the presence of ethanol. Finally we showed that β-cyclodextrin at the investigated concentrations did not have any effect on the LPS induced IL-6 production and only minor effects on the ROS production. We conclude that the effects induced by solvents even at low concentrations are highly relevant for the interpretation of immunomodulatory effects evaluated in cell assays. Furthermore, these results show the importance of keeping solvent concentrations constant in serial dilution of any compound investigated in cell based assays.

 

細胞培養システムは、薬剤と天産物の生体外免疫調節性効果の調査のために広く使われている。
多くの薬理学的関連した合成物が水不溶性であるので、溶媒は細胞ベースの分析で多用される。
多くの報告が高濃度で溶媒の細胞効果を述べるにもかかわらず、少数だけは低濃度で使われる溶媒の効果を関連させる。
この報告では、我々は3つの一般的に用いられる溶媒の干渉を調査する:5つの異なる細胞培養システムによるジメチルスルホキシド(DMSO)、エタノールとβ-シクロデクストリン。
溶媒の効果は、リポ多糖体(LPS)刺激の後、インターロイキン(IL)-6または活性酸素種(ROS)の細胞性産生に関して調査される。
我々は1%を上回るDMSOがすべての細胞型で読み出しパラメータを減らすことを示す、しかし、より興味深いことに、0.25と0.5%の溶液は他で若干の細胞型と刺激性の効果で抑制効果を誘導する。
我々も、LPSによって誘発されたROS産生がエタノールが認められる場合、IL-6産生より影響を受けるとわかった。
ついに、我々は、調査された濃度のβ-シクロデクストリンがLPSによって誘発されたIL-6産生とROS産生に対する軽度の効果だけに少しの影響を及ぼしもしないことを示した。
我々は、低濃度でさえ溶媒によって誘導される効果が細胞分析で評価される免疫調節性効果の解釈のために高度に関連すると結論する。
さらにまた、これらの結果は、溶解力がある濃度を細胞ベースの分析で調査されるどんな合成物の系列希釈法ででも一定に保つことの重要性を示す。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x